モデルの自動収集をスケジュール設定する - 7.1

Talendデータカタログ管理ガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
管理と監視
定期的な自動収集をスケジュール設定すれば、会社の情報システムモデルの最も正確で最新の表示を維持することができます。 スケジュールをフォルダーまたは設定に割り当てることで、一度に1つ以上のモデルのインポートをスケジュール設定することができます。

始める前に

[Administrators] (管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインします。

手順

  1. Metadata Managerから[Tools] (ツール) > [Administration] (管理)に、またはMetadata Explorerから[MANAGE] (管理)に進みます。
  2. [Schedules] (スケジュール)タブをクリックします。
  3. [Add] (追加)をクリックします。
  4. [Add a new schedule] (新しいスケジュールの追加)ダイアログボックスの次のフィールドに入力します。
    フィールド 説明
    名前 スケジュールの名前を入力します。
    説明 スケジュールの説明を入力します。
    オブジェクト デフォルトでは、スケジュールはリポジトリで実行されます。

    スケジュールを別のオブジェクトで実行するには、[Repository] (リポジトリ)パネルからモデルコンテンツまたはフォルダーをドラッグ&ドロップします。

    スクリプト 事前定義されたスクリプトをドロップダウンリストから選択します。
    1回/循環/詳細 チェックボックスの1つを選択し、スケジュール情報を指定します。

    この例では、Accounts Payableに1回限りの自動収集をスケジュール設定します。

  5. [Add] (追加)をクリックします。