用語オブジェクト用に電子メール通知を有効化 - 7.1

Talendデータカタログ管理ガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
管理と監視
[Schedules] (スケジュール)ページで、電子メール通知を送信するために実行されるスクリプトを定義し、スケジュール設定します。

始める前に

  • カタログ内の用語集オブジェクトにスチュワードが割り当てられており、スチュワードの電子メールアドレスが提供されていること。
  • Talendデータカタログに電子メールサーバーが設定されていること。
  • [Administrators] (管理者)グループ、または[Application Administrators] (アプリケーション管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインしていること。

手順

  1. Metadata Managerから[Tools] (ツール) > [Administration] (管理)に、またはMetadata Explorerから[MANAGE] (管理)に進みます。
  2. [Schedules] (スケジュール)を選択します。
  3. ツールバーで[Add] (追加)をクリックします。
  4. 次のフィールドに入力します。
    フィールド アクション
    [Name] (名前) 名前を入力します。
    [Description] (説明) 説明を入力します。
    [Object] (オブジェクト) リストでオブジェクトを選択します。
    [Operation] (操作) ドロップダウンリストから次のいずれかの操作を選択します。
    • [Send glossary term change notifications] (用語変更の通知を送信): このスクリプトの実行時に、用語に対して行われた変更に関する電子メール通知をTalendデータカタログが送信します。
    • [Send glossary workflow notifications] (用語ワークフロー通知を送信): このスクリプトの実行時に、用語ワークフロータスクに関する電子メール通知をTalendデータカタログが送信します。このオプションを利用できるのは用語にワークフローがある場合のみです。
    [Time] (回数) いずれかのチェックボックスを選択し、スケジュール情報を指定します。
    • [One Time] (1回)
    • [Recurring] (循環)
    • [Advanced] (詳細)
  5. [Create] (作成)をクリックします。