Data Quality: 非推奨および削除されたアイテム - 7.2

Talend Data Integration製品リリースノート

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
task
Release Notes
インストールとアップグレード

項目

説明

データマスキングのルーチン 安全なメソッドとは考えられないことから、次のマスキングルーチンは非推奨となりました。
  • createMD2
  • createMD5
  • encryptAES
  • decryptAES
  • encryptDES
  • decryptDES
Drools Talend Administration Centerに統合されているDrools Webアプリケーションは非推奨となっています。BRMSノードがTalend Studio[Metadata] (メタデータ) > [Rules Management] (ルール管理)ノードから削除されました。
解析ルール Antlrルール視覚化エディターは非推奨となりました。解析ルールエディターでルールをテストすることはできません。
Talend DQ Portal Talend DQ Portalは非推奨となっています。Data Qualityデータマートを自身のレポートツールに接続することはできません。
Talend Dictionary Serviceのコマンドライン Talend Dictionary Serviceのコマンドラインは非推奨 となっています。
以下のアクションは、Talend Data PreparationおよびTalend Data StewardshipのユーザーインターフェイスおよびREST APIを使用して実行できます。
  • セマンティックタイプのエンリッチ化
  • Talend Data PreparationおよびTalend Data Stewardshipへのセマンティックタイプの再公開
Uniservコンポーネント 次のコンポーネントはほとんど使われておらず、Talend 7.2以降は非推奨となります:
  • tUniservBTGeneric
  • tUniservRTConvertName
  • tUniservRTMailBulk
  • tUniservRTMailOutput
  • tUniservRTMailSearch
  • tUniservRTPost