Talend Dictionaryサービスのアーキテクチャー - 7.3

Talend Dictionary Service管理ガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
task
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
このアーキテクチャー図では、Talend Dictionaryサービスの機能ブロック、これらの機能ブロック間のやり取りを示します。

3種類のブロックが定義されています。

  • [Clients] (クライアント)ブロックにはWebブラウザーが含まれています。

    WebブラウザーからTalend Dictionaryサービスサーバーにアクセスし、Talend Data PreparationおよびTalend Data Stewardship Webアプリケーション内のデータに使用されているセマンティックタイプを追加、削除、または編集することができます。

  • [Servers] (サーバー)ブロックには、Talend Dictionaryサービスサーバー、Talend Data Preparationサーバー、およびTalend Data Stewardshipサーバーが含まれています。

    このブロックには、Talend DictionaryサービスTalend Data PreparationおよびTalend Data Stewardshipと間の内部メッセージング用に使用されるKafkaサーバーも含まれています。

    Talend Identity and Access Managementサービスは、シングルサインオンを有効にするために使用します。

    管理者はTalend Administration Centerを使ってライセンス、ユーザー、ロールを管理できます。事前定義済みのロールを1つ以上ユーザーに割り当てると、Talend Dictionaryサービスでアクセスや操作を実行するための特定の権限がユーザーに付与されます。詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照してください。

  • [Databases] (データベース)ブロックには、アプリケーション内のデータの検証に使用するすべてのセマンティックタイプを保存するMongoDBデータベースが含まれています。