Talend Dictionaryサービスの復元 - 7.3

Talend Dictionary Service管理ガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
task
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
Talend Dictionaryサービスのバックアップの実行後は、いつでもデータを復元し、バックアップされたインスタンスの正確なコピーを作成できます。

手順

  1. Talend Dictionaryサービスインスタンスを停止します。
    インスタンスの実行中でもバックアップを実行できますが、低いアクティビティの期間を選択することをお勧めします。
  2. MongoDBを起動します。
  3. コマンドプロンプトウィンドウを開き、以下のコマンドを実行して、Talend Dictionaryサービスの現在のインスタンス内のデータベースを削除します。
    <Installation_path>/mongodb/bin/mongo <dbname>  -u <userName> -p <userPassword> --eval "db.dropDatabase()"
    Talend Installerを使用してTalend DictionaryサービスとともにTalend Data Preparation Talend Data Stewardshipをインストールした場合、コマンドは次のようになります。
    <Installation_path>/mongodb/bin/mongo dqdict -u dqdict-user -p duser --eval "db.dropDatabase()"
  4. <path_to_installation_folder>/dq_dict/database/に保存されている現在のインスタンスのdumpフォルダーを、バックアップ手順で取得したdumpフォルダーに置き換えます。
  5. コマンドプロンプトウィンドウから、dumpという名前の辞書サービスのバックアップディレクトリーをインポートするコマンドを実行します。

    例え

    Windowsの場合:

    semantic-dictionary-import.bat

    Linuxの場合:

    semantic-dictionary-import.sh
  6. 設定を復元するには、<Installation_path>/dq_dict/apache-tomcat/confフォルダーのコンテンツを、バックアップされたコピーに置き換えます。

タスクの結果

Talend Dictionaryサービスインスタンスがリカバリーされます。