これまでに生成されたタスクの取得 - 7.1

Talend Data Management Platform 移行およびアップグレードガイド

Version
7.1
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Management Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

以前のバージョンのTalend Administration Center (TAC)でスケジュールされたタスクは、同じバージョンのTalend CommandLineを使って生成されていますが、これらのタスクを新しいTalend CommandLineで再コンパイルする必要はありません。

これらのバイナリは、[Configuration] (設定)ページにある[Job conductor] (ジョブコンダクター)ノードの[Generated jobs folder] (生成ジョブ用フォルダー)パラメーターで定義されたフォルダーにあります。このアーカイブフォルダーでは、生成された特定のタスクすべてがその専用サブフォルダー保存されています。

[Export parameters] (パラメーターのエクスポート)[Import parameters] (パラメーターのインポート)オプションを使って、設定内容を取得した場合、既存のアーカイブフォルダーへのパスが自動的に保持されます。

Job Conductorモジュールで生成バージョンを確認する方法についての詳細は、Talend Administration Center (TAC)ユーザーガイドを参照してください。

[Export parameters] (パラメーターのエクスポート)[Import parameters] (パラメーターのインポート)オプションを使用しなかった場合に再生成を強制するには、[Configuration] (設定)ページでアーカイブフォルダーへのパスを更新します。

Talend Administration Center (TAC) アプリケーションの古いバージョンを新しいバージョンと並行して使用し続ける場合、新しいアーカイブフォルダーを作成し、古いフォルダーのコンテンツを新しいフォルダーにコピーして、[Configuration] (設定)ページにこの新しいフォルダーへのパスを入力する必要があります。

注: より新しいバージョンのJavaを必要とするTalendプラットフォームに対し、コンパイルされたアーティファクトを移行する場合は、必ず回帰テストを実行してアーティファクトが引き続き実行できるようにしてください。