PostgreSQLのバージョン9.xから10.xへの移行 - 7.1

Windows版Talend Data Catalogインストールおよびアップグレードガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
インストールとアップグレード
Talend Metadata Manager 6.5とは異なり、Talendデータカタログ 7.1ではPostgresSQLの10.x以降のバージョンを使います。

始める前に

https://www.postgresql.org/download/windows/からPostgreSQLバージョン10.x以降をダウンロード済みであること。

手順

  1. Talend Metadata Managerアプリケーションサーバーを停止します。
  2. 次のコマンドを使ってPostgreSQLデータベースをバックアップします:
    <postgre_path>\bin> pg_dump -U <postgre_username> -W -F d <postgre_database> > <backup_location>
  3. PostgreSQLインスタンスを停止します。
  4. PostgreSQLの新バージョンをインストールし、起動します。
  5. 次のコマンドを使ってPostgreSQLを復元します:
    <postgre_path>\bin> pg_restore -U <postgre_username> -W -F d <postgre_database> > <backup_location>
  6. Talend Metadata ManagerアプリケーションサーバーとPostgreSQLサーバーを起動します。
  7. Talend Metadata Manager 6.5が正常に実行されていることを確認します。

タスクの結果

Talendデータカタログ 7.1へ移行する準備ができました。詳細は、外部データベースと一緒にインストールしたTalend Metadata Managerバージョン6.5からの移行を参照してください。