Talendデータカタログアプリケーションサーバーの実行と初期化 - 7.1

Windows版Talend Data Catalogインストールおよびアップグレードガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
インストールとアップグレード
以下の手順では、Talendデータカタログアプリケーションサーバーの実行と初期化の方法を説明しています。

始める前に

ライセンスファイルをリクエストし、マシンに保存済みであること。

Keystoreファイルの生成方法の詳細は、ライセンスの取得を参照してください。

手順

  1. ソフトウェアのホームディレクトリーに移動し、RestartServerApplication.batファイルをクリックしてTalendデータカタログアプリケーションサーバーを起動します。
    Windowsサービスを使ってTalendデータカタログアプリケーションサーバーを制御することも可能です。
  2. TalendDataCatalogディレクトリーで[Metadata Management] (メタデータ管理)ショートカットをダブルクリックして、Talendデータカタログを起動します。
    [Application Server] (アプリケーションサーバー)タブ内のパラメーターを設定した時に、このURLのデフォルト ポートを変更した可能性があります。
  3. [Configure Database Connection] (データベース接続の設定)ダイアログボックスで、以前に作成したデータベースへの接続を定義します。
    これらのパラメーターは、埋め込みPostgreSQLデータベースを使う時に事前設定済みになっている必要があります。
    [Field] (フィールド)
    [Database Type] (データベースタイプ) データベースタイプを選択します。この例ではPostgreSqlです。
    [Database User Id] (データベースユーザーID) データベースユーザー名を入力します。この例ではMMです。
    [Password] (パスワード)

    ユーザーパスワードを入力します。この例ではMM123!です。

    [Database Url] (データベースURL) データベースURLを入力します。この例ではjdbc:postgresql://localhost:5432/MMです。
  4. [Test Connection] (接続のテスト)をクリックし、データベース接続を確認証します。
    • 接続に成功すると、成功を示すアラートメッセージが表示されます。
    • 接続が失敗した場合、エラーメッセージが表示され、接続失敗の理由の詳細が示されます。
  5. [OK]をクリックし、データベース接続を保存します。
    Talendデータカタログアプリケーションサーバーは、データベース内に必要なテーブルをすべて作成します。
  6. ライセンスファイルを参照し、[Save License] (ライセンスの保存)をクリックします。
  7. パスワードAdministratorを使ってAdministratorとしてログインします。
  8. 最新のTalendデータカタログ 7.1累積パッチを適用します。
    パッチの適用方法は、「手動によるパッチの適用」を参照してください。

タスクの結果

これで、Talendデータカタログ 7.1を使う準備ができました。