ライセンスの取得 - 7.1

Windows版Talend Data Catalogインストールおよびアップグレードガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
インストールとアップグレード

ライセンスを取得するには、設定ファイルHostInfo.xmlを生成し、サポートポータルを使ってチケットを作成する必要があります。

TalendデータカタログのライセンスはサーバーのMACアドレスにリンクしているため、環境ごとにライセンスが1つ必要です。たとえば、インテグレーション、QA、プロダクションと3つの環境をお持ちの場合は、個別ライセンスが3つ必要となります。

始める前に

  • ソフトウェアパッケージがダウンロード済みであること。
  • サポートポータル上に顧客アカウントが作成済みであること。
  • このステップ中にどのVPNにも接続していない場合、ライセンスはVPN接続とは無関係に機能します。

手順

  1. Talendデータカタログをインストールする場所でTDC-x.y-YYYYMMDD.zipファイルを解凍します。
    Windows 7、8.x、10のProgram FilesディレクトリーはWindowsによって特別なアクセス権で管理されているため、使わないようにしてください。

    ソフトウェアのインストールディレクトリーによっては、[Administrator] (管理者)権限が必要な場合があります。

  2. /TalendDataCatalog/bin/HostFileGen.batを実行し、設定ファイルHostInfo.xmlを生成します。
    このファイルは、インストール処理中、[Configure Database Connection] (データベース接続の設定)ステップの後で生成することもできます。[Enter License] (ライセンスの入力)ダイアログボックスが表示されたら、[Download License Information] (ライセンス情報のダウンロード)リンクをクリックします。
  3. HostInfo.xmlファイルをコンピューターに保存します。
  4. 顧客アカウント経由でチケットを作成し、Talendサポートにライセンスの生成をリクエストし、リクエストにHostInfo.xmlファイルを添付します。
    リクエストが本番サーバー用か本番以外のサーバー用かをチケットで指定します。チケットはライセンスがインストールにリンクされた状態で更新されます。
  5. ライセンスファイルをコンピューターに保存します。