発信側サブルート設定する - 6.5

データ統合ジョブと通信するルート

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task

手順

  1. jobSocketOutコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [URI]フィールドに、発信ソケットポートの"mina:tcp://localhost:" + 8901 + "?textline=true&sync=false"を入力します。
  3. logResponseコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [URI]フィールドに、"log:jobSocketOut"と入力します。ここに、発信メッセージの交換が記録されます。
  5. Ctrl+Sを押し、ルートを保存します。