コンポーネントを設定する - 7.2

tMap

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換

手順

  1. tMapコンポーネントをダブルクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
    メインの入力テーブルからidStateカラムをルックアップテーブルのidStateカラムにドロップして、結合を作成します。
    [tMap settings] (tMap設定)ボタンをクリックし、[Join Model] (結合モデル)[Inner Join] (内部結合)に設定します。
  2. 入力エリアの上部にある[Property Settings] (プロパティ設定)ボタンをクリックして[Property Settings] (プロパティ設定)ダイアログボックスを開き、実行エラーを処理するために[Die on error] (エラー発生時に強制終了)チェックボックスをオフにします。
    ErrorRejectテーブルが自動的に作成されます。
  3. 入力テーブルでididStateRegTime、およびRegisterTimeを選択し、それらをErrorRejectテーブルにドラッグします。
  4. エディターの右上にある[+]ボタンをクリックして、出力テーブルを追加します。表示されるダイアログボックスで、[New output] (新しい出力)を選択します。その隣のフィールドに、テーブルの名前out1を入力します。[OK]をクリックします。
  5. 次のカラムを入力テーブルからout1テーブルにドラッグします: idCustomerNameidState、およびLabelState
    RegTimeおよびRegisterTimeという2つのカラムをout1テーブルの末尾に追加し、日付形式をそれぞれ"dd/MM/yyyy HH:mm"および"yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS"に設定します。
  6. RegTimeカラムの[Expression] (式)フィールドをクリックし、[Ctrl]+[Space]を押してオートコンプリートリストを表示します。TalendDate.parseDateを見つけてダブルクリックします。パターンを("dd/MM/yyyy HH:mm",row1.RegTime)に変更します。
  7. RegisterTimeカラムに対して同じことを行いますが、パターンを("yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS",row1.RegisterTime)に変更します。
  8. 出力エリアの上部にある[+]ボタンをクリックして、出力テーブルを追加します。表示されるダイアログボックスで[Create join table from] (結合テーブルの作成]を選択し、Out1を選び、rejectInnerという名前を付けます。[OK]をクリックします。
  9. [tMap settings] (tMap設定)ボタンをクリックし、リジェクトを処理するために[Catch lookup inner join reject] (ルックアップ内部結合リジェクト収集)trueに設定します。
  10. カラムidCustomerName、およびidStateを入力テーブルからrejectInnerテーブルの対応するカラムにドラッグします。
    LabelStateカラムの[Expression] (式)フィールドをクリックし、"UNKNOWN"と入力します。
  11. RegTimeカラムの[Expression] (式)フィールドをクリックし、[Ctrl]+[Space]を押して、TalendDate.parseDateを選択します。パターンを("dd/MM/yyyy HH:mm",row1.RegTime)に変更します。
  12. RegisterTimeカラムの[Expression] (式)フィールドをクリックし、[Ctrl]+[Space]を押して、TalendDate.parseDateを選択します。ただし、パターンを("yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS",row1.RegisterTime)に変更します。
    row1のデータのパターンが間違っている場合は、ErrorRejectフローによって返されます。
    [OK]をクリックして変更を確定し、エディターを閉じます。
  13. 最初のtLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
    [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、必要に応じてマッパーからスキーマ構造を取得します。
    [Mode] (モード)エリアで[Table] (テーブル)を選択します。
    2番目のtLogRowでも同じことを行います。