コンポーネントのリンク - 7.2

tMap

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ)ノード下にあるDB接続をデザインワークスペースにドロップします。この例では、ソーステーブルはpeople_ageという名前です。
  2. コンポーネントをドロップする時にポップアップするリストからtMysqlInputを選択します。
  3. ルックアップDB接続テーブルを[Metadata] (メタデータ)ノードからデザインワークスペースにドロップし、ポップアップするリストからtMysqlInputを選択します。このジョブでは、ルックアップの名前はlarge_data_volumeです。
  4. 同様に、DB接続を[Metadata] (メタデータ)ノードからデザインワークスペースにドロップし、ポップアップするリストからtMysqlConnectionを選択します。このコンポーネントは、ルックアップテーブルから行をロードするたびに操作を繰り返さずに済むように、ルックアップデータベーステーブルへの永続的な接続を作成します。
  5. エディターの右側にある[Palette] (パレット)で、[Processing] (処理)ファミリーからtMapコンポーネントを、[Database] (データベース)ファミリーからコンポーネントtMysqlOutputtMysqlCommitを選択します。
  6. ここで、すべてのコンポーネントを相互に接続します。そのためには、peopleテーブルに対応するtMysqlInputコンポーネントを右クリックし、リンクをtMapにドラッグします。
  7. tMapコンポーネント上のリンクをリリースすると、メイン行フローが自動的にセットアップされます。
  8. メインフローデータの識別を容易にするために、[Main] (メイン)行リンクの名前をpeopleに変更します。
  9. 同じ操作を実行して、ルックアップテーブル(large_data_volume)をtMapコンポーネントに、tMaptMysqlOutputコンポーネントに接続します。
  10. ダイアログボックスが開き、出力リンクに名前を入力するよう求めます。この例では、出力フローの名前はpeople_mixandmatchとなっています。
  11. 参照データフローの識別に役立つよう、ルックアップ行接続リンクの名前もlarge_volumeに変更します。
  12. トリガーリンクOnSubjobOkを使って、tMysqlConnectiontMysqlInputに接続します。
  13. トリガーリンクOnSubjobOkを使って、tMysqlInputコンポーネントをtMysqlCommitコンポーネントに接続します。