ジョブの実行 - 7.2

tMap

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換

手順

  1. [Ctrl+S]を押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押してジョブを実行します。

タスクの結果

4つの出力ファイルはすべて、指定されたフォルダーに作成され、定義された情報が含まれます。出力ファイルNo_Reseller_ID.csvには、リセラーID 5および8に関連するcars情報が含まれています。これらは、入力ファイルResellers.csv内にありません。

tMapでダイナミックスキーマを使う方法の例については、以下を参照してください。

3番目の詳細な使用シナリオとして、シナリオ2に基づいて、たとえば保険の詳細を含む新しい入力テーブルを追加します。

マッパーで2つのルックアップ入力テーブル(所有者と保険)間の内部結合を設定して、カスケードルックアップを作成し、所有者テーブルデータを介して保険の詳細を取得します。