コンポーネントのリンク - 7.2

tMap

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換

始める前に

次の2つのファイルに、[Repository] (リポジトリー)ビューで[Metadata] (メタデータ) > [File delimited] (区切り記号付きファイル)の下で2つのファイルメタデータ接続が作成済みであること。
  • states.csv
  • customers.csv

メタデータの一元管理については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ) > [File delimited] (区切り記号付きファイル)の順にクリックします。customersメタデータをワークスペースにドラッグアンドドロップします。
    customersメタデータには、ID、名前、住所など、顧客に関する情報が含まれています。
  2. 使うコンポーネントタイプの選択を求めるダイアログボックスで、tFileInputDelimitedを選択して[OK]をクリックします。
  3. statesメタデータをデザインワークスペースにドロップします。ダイアログボックスで同じコンポーネントを選択し、[OK]をクリックします。
    statesメタデータには、州のIDとその名前が含まれています。
  4. tMapコンポーネントと2つのtLogRowコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、customersコンポーネントをtMapに接続します。
  6. [Row] (行) > [Main] (メイン) 接続を使って、tMapコンポーネントをtLogRowに接続します。このフローは自動的に[Lookup] (ルックアップ)として定義されます。