Talendデータカタログアプリケーション - 7.1

Talendデータカタログリリースノート

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
インストールとアップグレード

Metadata Explorer

機能 説明
再設計されたMetadata Explorerメニューバー Metadata Explorerメニューバーが再設計されました。
  • [HOME] (ホーム)がメニューバーから削除されました。左上のロゴをクリックすればアクセスできます。
  • [Explorer]パネルがメニューバーに統合されました。メニューの左側にあるドロップダウン矢印をクリックして開き、パネルをピン留めできます。
  • [BROWSE] (参照)がメニューバーから削除され、[OBJECTS] (オブジェクト)に置き換えられました。
  • [OBJECTS] (オブジェクト)がメニューバーに統合されました。オブジェクトを検索し、コレクションページ、アーキテクチャーダイアグラム、統計にアクセスし、オブジェクトをカテゴリー別に参照できます。
  • [WORKSHEETS] (ワークシート)がメニューバーに統合されました。ワークシートにアクセスして管理し、カテゴリーを選択して、新しいワークシートを作成できます。
新しい[Explorer] (エクスプローラー)パネル Explorerパネルを使えば、よりすばやくメタデータにアクセスできます。
  • [Browse] (参照)タブ: 設定やリポジトリーのコンテンツをさまざまなプレゼンテーションモードで調べることができます。
    • [Tree] (ツリー)ビュー: 自分のカタログの階層構造内を自在に移動し、どのようなアイテムのプロパティでも1回のクリックで表示できます。
    • [Drill] (ドリル)ビュー: 自分のカタログの特定のエリアに集中し、兄弟レコードの長いリストで作業できます。
  • [Search] (検索)タブ: フィルタリングされた検索を実行し、検索結果の単純なリストで作業できます。
  • [Collections] (収集)タブ: データアセットの既存の収集にアクセスできます。
新しいワークシート機能 ワークシートを使って検索結果を設定し、保存された検索結果を作成できます。他のユーザーと共有することもできます。
コレクション機能 コレクションを使ってデータアセットのリストを定義してピン留めし、他のユーザーと共有できます。
メタデータクエリー言語(MQL)に対する新しいサポート SQLに似た構文を使って複雑なメタデータクエリーをビルドできます。REST APIを使ってMQLクエリーを設定できます。ワークシートからの検索を行う時に、実行されるMQLクエリーを表示できます。
来歴ダイアグラムの改善されたグラフィック設計 レイアウト機能の向上により、オブジェクトの読みやすさとデータフローのナビゲーションが改善されました。
カスタマイズ可能な新しいホームページ この新機能は、タイルのオープンソースサンプルとカスタマイズ可能なJSONファイル、内部や外部のURL、MQLベースのレポートをポイントするショートカットアイコンに基づいています。

アーキテクチャー、デプロイ、統合

機能 説明
SAML 2.0に対するサポート(セキュリティアサーションマークアップランゲージ) Talendデータカタログが、SAML 2.0によるSSO認証対応になりました。
Oracle JDKの置き換え Oracle JDKがOpenJDK 11に置き換えられました。
アップグレードされたサードパーティ製のオープンソースソフトウェア セキュリティの改善と脆弱性への対策のために、サードパーティ製のオープンソースツールはすべて最新バージョンにアップグレードされました。