コンポーネントの追加 - 7.3

ELT Oracle

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント

テーブルカラムの集計とフィルタリングで説明されているように、Oracle DBの対応するELTコンポーネント、tELTOracleInputtELTOracleMaptELTOracleOutputを使ってデータ集計ジョブを設定します。ジョブを実行して、集計結果をAgg_Resultという名前のデータベーステーブルに保存します。

注:

フィルターをELTマップエディターで定義する際、Oracleデータベースでは文字列の大文字と小文字が区別される点に留意してください。

手順

  1. ELTマップエディターを起動して、update_dataという新しい出力テーブルを追加します。
  2. フィルター行をupdate_dataテーブルに追加して、入力テーブルと出力テーブル間の関係、owners.ID_OWNER = agg_result.ID_OWNERを設定します。
  3. carsテーブルのMAKEカラムをupdate_dataテーブルにドロップします。
  4. resellersテーブルのNAME_RESELLERカラムをupdate_dataテーブルにドロップします。
  5. 一重引用符で囲んだモデル、この例では'A8'をcarsテーブルのMAKEカラムに追加します。'A8'の前には二重パイプが付きます。
  6. 一重引用符で囲んだSold byをresellersテーブルのNAME_RESELLERカラムの前に追加します。間に二重パイプが付きます。
  7. 実行する[Generated SQL select query] (生成されたSQL Selectクエリー)タブを選択します。
  8. [OK]をクリックして、ELT Mapperの変更を検証します。
  9. Agg_Resultというラベルが付いたtELTOracleOutputコンポーネントを非アクティブ化します。それには、コンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Deactivate Agg_Result] (Agg_Resultを非アクティブ化する)を選択します。
  10. [Palette] (パレット)の新しいtELTOracleOutputコンポーネントをデザインワークスペースにドロップし、Update_Dataのラベルを付けて機能をわかりやすく示します。
  11. ELT Mapperで定義した新しい出力テーブルに相当するリンク(このユースケースではupdate_data)を使って、tELTOracleMapコンポーネントを新しいtELTOracleOutputコンポーネントに接続します。
  12. 新しいtELTOracleOutputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  13. [Action on data] (データへのアクション)リストから[Update] (更新)を選択します。
  14. 必要な場合は、スキーマを選択して[Sync columns] (カラムの同期)をクリックし、先行コンポーネントから隙間構造を取得します。
  15. agg_result.MAKE = 'Audi'を読み取り、データベーステーブルagg_resultでのAudiの作成に関わるデータを更新する句を[WHERE clauses] (WHERE句)エリアで追加します。
  16. [Default Table Name] (デフォルトのテーブル名)フィールドに出力リンクの名前を入力します。このユースケースではupdate_dataです。
  17. [Use different table name] (別のテーブル名を使用する)チェックボックスをオンにして、[Table name] (テーブル名)フィールドに、更新するデータベーステーブルの名前を入力します。このユースケースではagg_resultです。その他のパラメーターはそのままにしておきます。