コンポーネントの設定 - 7.3

ELT Oracle

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント

手順

  1. tELTOracleInputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  2. [Schema] (スキーマ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、[Edit schema] (スキーマの編集)の前にある[...]ボタンをクリックします。
  3. データベース接続を選択し、必要なスキーマを[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ダイアログボックスから選択します。
    選択したスキーマ名が[Default Table Name] (デフォルトのテーブル名)フィールドに自動的に表示されます。
    • このユースケースでは、データベース接続は Talend_Oracle、スキーマはnew_customersです。
    • この事例の場合、入力スキーマは[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードに保存されて、簡単に取り出せます。メタデータについては、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。
    • 入力コンポーネントは、関連スキーマを[Metadata] (メタデータ)エリアからデザインワークスペースにドロップして、[Components] (コンポーネント)ダイアログボックスのtELTOracleInputをダブルクリックして選択することもできます。この方法だと、入力コンポーネントをラベル付けして、スキーマを手動で定義するステップを省略できます。
  4. tELTOracleMapコンポーネントをクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  5. [Property Type] (プロパティタイプ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、入力コンポーネントに使う同じデータベース接続を選択します。
    要確認: すべてのデータベースの詳細が自動的に取得されます。その他の設定はそのままにしておきます。
  6. tELTOracleMapコンポーネントをダブルクリックしてELTマップエディターを起動し、データ変換フローを設定します。
    ELTマップエディタの左上隅にある[+]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスで関連するテーブル名を選択して、入力テーブルを追加します。
    この事例の場合、唯一の入力テーブルはnew_customersです。
  7. 入力テーブルの全カラムを選択して出力テーブルにドロップします。
  8. [Generated SQL Select query] (生成されたSQL Selectクエリー)タブをクリックして、実行するクエリーステートメントを表示します。
    [OK]をクリックして、ELTマップ設定を検証し、ELTマップエディターを閉じます。
  9. tELTOracleOutputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
    1. [Action on data] (データへのアクション)リストから[MERGE]を選択します。
    2. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、先行のコンポーネントからスキーマを取得します。
    3. [Use Merge Update] (Merge Updateを使用する)チェックボックスをオンにして、OracleのMERGE関数を使ってデータを更新します。
  10. テーブルが表示されたら、更新するカラムのチェックボックスをオンにします。
    このユースケースでは、顧客IDに従ってすべてのデータを更新します。したがって、IDカラム以外のすべてのチェックボックスをオンにします。
    警告: プライマリキーとして定義されたカラムは、更新の対象にすることはできません。
  11. [Use Merge Insert] (Merge Insertを使用する)チェックボックスをオンにして、OracleMERGEファンクションを使って既存のデータを更新すると同時に、新しいデータを挿入します。
  12. テーブルが表示されたら、新しいデータを挿入するカラムのチェックボックスをオンにします。
    このユースケースでは、すべての新しい顧客データを挿入します。したがって、[Check All] (すべて選択)チェックボックスをオンにしてすべてのチェックボックスをオンにします。
  13. [Default Table Name] (デフォルトのテーブル名)フィールドに、データベースに既に存在するターゲットテーブルの名前を入力します。この例では、customers_mergeと入力します。
  14. その他のパラメーターはそのままにしておきます。