プレジョブの作成 - 7.3

ELT Oracle

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント

Oracleテーブルにロードするデータを含むプレジョブを作成します。

標準ジョブとプレジョブのデザインのセクションで、プレジョブのデザインイメージを参照してください。

手順

  1. 標準ジョブを作成します。
  2. 次のコンポーネントを追加します。
    • [Prejob] (プレジョブ)
    • 2つのtFixedFlowInputコンポーネント
    • 2つのtOracleOutputコンポーネント
    • 2つのtOracleInputコンポーネント
    • 1つのtCreateTableコンポーネント
    • 2つのtLogRowコンポーネント
  3. 最初のtFixedFlowInputコンポーネントを設定します。
    1. tFixedFlowInputコンポーネントを選択して、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
    2. [Mode] (モード)オプションで、[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用: 区切りファイル)を選択します。
    3. 次のデータを[Content] (コンテンツ)フィールドに追加します。
      1;Amanda;art;Amanda prefers art.
      2;Ford;science;Ford prefers science.
      3;Kate;art;Kate prefers art.
    4. [Edit schema] (スキーマの編集)フィールドの横の[...]ボタンをクリックし、[Schema Editor] (スキーマエディター)を開きます。
    5. 以下の名前と対応するパラメーターを持つ4つのカラムを追加します:
  4. 2番目のtFixedFlowInputコンポーネントを設定します。
    1. ステップ3aと3bを繰り返します。
    2. 次のデータを[Content] (コンテンツ)フィールドに追加します。
      1;Amanda;science;math;85;science score
      2;Amanda;science;physics;75;science score
      3;Amanda;science;chemistry;80;science score
      4;Amanda;art;chinese;85;art score
      5;Amanda;art;history;95;art score
      6;Amanda;art;geography;80;art score
      7;Ford;science;math;95;science score
      8;Ford;science;physics;85;science score
      9;Ford;science;chemistry;80;science score
      10;Ford;art;chinese;75;art score
      11;Ford;art;history;80;art score
      12;Ford;art;geography;85;art score
      13;Kate;science;math;65;science score
      14;Kate;science;physics;75;science score
      15;Kate;science;chemistry;80;science score
      16;Kate;art;chinese;85;art score
      17;Kate;art;history;80;art score
      18;Kate;art;geography;95;art score
    3. [Edit schema] (スキーマの編集)フィールドの横の[...]ボタンをクリックし、[Schema Editor] (スキーマエディター)を開きます。
    4. 以下の名前と対応するパラメーターを持つ6つのカラムを追加します:
  5. 最初のtOracleOutputコンポーネントを選択して、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    1. [Property Type] (プロパティタイプ)ドロップダウンリストから[Repository] (リポジトリー)を選択します。
    2. [...]をクリックして、以前に追加したOracleデータベース接続を指定します。これにより、所定のフィールドにデータベース情報が自動的に入力されます。
    ステップ6とステップ6a-6bを繰り返して、2番目のtOracleOutputコンポーネントを設定します。
  6. tCreateTableコンポーネントを選択して、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    1. [Database Type] (データベースタイプ)ドロップダウンリストからOracleを選択します。
    2. [Property Type] (プロパティタイプ)ドロップダウンリストから[Repository] (リポジトリー)を選択します。
    3. [...]をクリックして、以前に追加したOracleデータベース接続を指定します。これにより、所定のフィールドにデータベース情報が自動的に入力されます。
    4. [Table Name] (テーブル名)フィールドにTotalScoreOfPreferredSubjectと入力します。
    5. [Table Action] (テーブルアクション)ドロップダウンリストから[Drop table if exists and create] (テーブルが存在する場合は削除し作成)を選択します。
    6. [Edit schema] (スキーマの編集)フィールドの横の[...]ボタンをクリックし、[Schema editor] (スキーマエディター)を開きます。
    7. 以下の対応する名前とパラメーターを持つ4つのカラムを追加します: