Snowflakeへの接続 - 7.3

ELT Oracle

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
Snowflakeに接続するには、tSnowflakeConnectionコンポーネントを設定します。

手順

  1. tSnowflakeConnectionコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Account] (アカウント) フィールドに、Snowflakeによって割り当てられたアカウント名を入力します。
  3. [Snowflake Region] (Snowflakeリージョン) フィールドで、Snowflakeデータベースが配置されているリージョンを選択します。
  4. [User Id] (ユーザーID)および[Password] (パスワード)フィールドに認証情報を入力します。

    このユーザーIDはユーザーのログイン名です。ユーザーのログイン名が不明な場合は、Snowflakeシステムの管理者に詳細を問い合わせてください。

  5. [Warehouse] (ウェアハウス)フィールドに、Snowflakeで使うデータウェアハウスの名前を入力します。
  6. [Schema] (スキーマ)フィールドに、使うデータベーススキーマの名前を入力します。
  7. [Database] (データベース)フィールドに、使うデータベースの名前を入力します。