出力コンポーネントの設定 - 7.3

ELT Oracle

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント

手順

  1. tELTOutputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Action on table] (テーブルの操作)ドロップダウンリストからCreate tableを選択し、ターゲットテーブルを作成します。
  3. [Table name from connection name is variable] (接続名からのテーブル名は変数です)
  4. [Mapping] (マッピング)ドロップダウンリストでMapping Snowflakeを選択します。