ジョブのビルド - 7.3

ELT Oracle

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Oracleコンポーネント

手順

  1. 2つのtELTMysqlInputコンポーネント、1つのtELTMysqlMapコンポーネント、1つのtELTMysqlOutputコンポーネントをデザインワークスペースにドロップし、その機能をわかりやすく説明したラベルを付けます。
  2. 最初のtELTMysqlInputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  3. [Schema] (スキーマ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、[Edit schema] (スキーマの編集)の前の[...]ボタンをクリックしてDB接続とスキーマを定義します。

    DB接続は Talend_MySQLで、最初の入力コンポーネントのスキーマはemployeesです。

    注:

    この事例の場合、関連するすべてのスキーマが[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードに保存されて、簡単に取り出せます。メタデータについては、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

  4. 2番目のtELTMysqlInputコンポーネントを同じように設定しますが、スキーマにはdeptを選択します。
  5. tELTMysqlOutputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  6. 必要に応じて[Action on data] (データへのアクション)リストからアクションを選択します。このユースケースでは、[Insert] (挿入)を選択します。
  7. スキーマタイプとして[Repository] (リポジトリー)を選択し、入力スキーマと同じように出力スキーマを定義します。このユースケースでは、出力スキーマとしてresultを選択します。これは、マッピング結果の保存に使われるデータベーステーブルの名前です。

    出力スキーマには、入力スキーマの全カラムとManagerNameカラムが含まれています。

    注: その他のパラメーターはすべてそのままにしておきます。