tMicrosoftMQOutput標準プロパティ - 7.3

Microsoft MQ

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Microsoft MQ
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Microsoft MQ
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Microsoft MQ

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtMicrosoftMQOutputを設定するために使います。

Standard tMicrosoftMQOutputコンポーネントはインターネットファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかで次の設定を行います。

 

[Built-In] (組み込み): プロパティデータは一元的に保存されません。プロパティの手動入力

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されているリポジトリーファイルを選択します。後続するフィールドは、取得されたデータを使用して事前に入力されます。

Host (ホスト)

ホストサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。

[Queue] (キュー)

特定のメッセージを書き込むキューの名前を入力します。このキューが存在しない場合は、その場で自動的に作成されます。

[Queue type] (キュータイプ)

ドロップダウンリストからMicrosoftメッセージキュータイプを選択します。
  • [Private Non-Transaction] (プライベートノントランザクション): プライベートノントランザクションキュー。

  • [Private Transaction] (プライベートトランザクション): プライベートトランザクションキュー。

  • [Public Non-Transaction] (パブリックノントランザクション): パブリックノントランザクションキュー。

  • [Public Transaction] (パブリックトランザクション): パブリックトランザクションキュー。

Microsoftメッセージキュータイプの詳細は、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms706878%28v=vs.85%29.aspxを参照してください。

[Message column] (メッセージカラム)

Microsoftメッセージキューに書き込むメッセージとしてカラムを選択します。選択するカラムは文字列型である必要があります。

[Die on error] (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスをオンにすると、エラー時に行をスキップし、エラーの発生していない行の処理が完了されます。デフォルトでは選択されていません。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは、入力または中間コンポーネントにリンクされている必要があります。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): [Main] (メイン)、[Iterate] (反復処理)

[Trigger] (トリガー): Run if、On Component Ok、On Component Error

受信リンク(あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): メイン、リジェクト、反復

[Trigger] (トリガー): Run if、On Subjob Ok、On Subjob Error、On Component Ok、On Component Error

接続に関する詳細は、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

制限事項

出力されるメッセージをnullにすることはできません。

このコンポーネントでは、関連するjarファイルのインストールが必要です。