ユーザー定義パラメーターの設定 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
Studioの[Contexts] (コンテキスト)ビューを使用して、コンテキストグループ、コンテキストパラメーター、およびコンテキスト値を定義できます。

始める前に

  • アーティファクトが作成され、Studioで開かれていること。

このタスクについて

R2020-07Talend Studioパッチでは、パスワード型のコンテキストパラメーターがよりセキュアに処理されるようになりました。これまでは、パスワードパラメーターの値は文字列として扱われ、正しいワークスペース権限を持つすべてのユーザーに表示されるようになっていました。このパッチでは、パラメーターの値は機密情報として(暗号化された状態で)扱われます。
  • 初めてアーティファクトを公開する場合は値がクリアされるので、対応するタスクについてTalend Cloud Management Consoleでその値を設定する必要があります。
  • アーティファクトを再公開する場合は、対応するタスクの値はTalend Cloud Management Consoleのものと同じままとなります。
このパッチを要求する場合は、Talendサポートまでご連絡ください。

手順

  1. Studioワークスペースで[Contexts] (コンテキスト)タブをクリックして[Contexts] (コンテキスト)ビューを開きます。
    [Contexts] (コンテキスト)タブがStudioに表示されない場合は、[Window] (ウィンドウ) > [Show view] (ビューの表示) > Talendの順にクリックし、[Contexts] (コンテキスト)を選択します。
  2. [Contexts] (コンテキスト)ビューで以下のようにします:
    1. 右上の[+]ボタンを使用して、新しいコンテキストグループを追加します。
      詳細は、コンテキストの定義を参照してください。
    2. ビューの下部の[+]ボタンを使用して、テーブルに行を追加し、コンテキスト変数の名前と値を定義します。
    注: Talend Cloud Management ConsoleTalend Studioからタスクを実行する場合は、コンテキストパラメーター値の処理方法が異なります。タスクの設定中にTalend Cloud Management Consoleにコンテキストパラメーターの値を入力する際、値が特殊文字として解釈される可能性がある場合は\の代わりに\\ (たとえば\t)を使用する必要があります。