相互参照テーブルの作成 - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス
Talend MDM Web UIから、マスターデータを相互参照する1つまたは複数のテーブルを作成することができます。

始める前に

MDMサーバーが起動済みであること。適切なデータコンテナ、データモデル、および相互参照メニューに対する[Read & Write] (読み書き)アクセス権のあるロールが割り当てられていること。
注:

以下が選択済みであることを確認します。

  • 相互参照テーブルを作成するマスターデータを保存しているデータコンテナ。
  • マスターデータの検証を行う基準となるデータモデル。

詳細は、データコンテナとデータモデルへのアクセスを参照して下さい。

このタスクについて

相互参照テーブルを作成するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Menu] (メニュー)パネルで[Govern](統制) - [Cross Referencing] (相互参照)の順にクリックし、新しいページを開きます。

    例え

  2. [New cross-referencing table] (新しい相互参照テーブル)をクリックし、次のステップへ進みます。

    例え

  3. [Table name] (テーブル名)フィールドに、作成する相互参照テーブルの名前を入力します。
    最初のフィールドに、テーブル内の最初のカラムの名前を入力します。
    ページの下部で[Add a field] (フィールドの追加)をクリックして、ページに2番目のフィールドを追加し、テーブルに2番目のカラムの名前を入力します。
    オペレーションを繰り返して、いくつでも必要な数のカラムを相互参照テーブルに追加します。
    キーカラムとして使用するカラム名の横にある[Key] (キー)チェックボックスをオンにします。
  4. ページの下部で[Save] (保存)をクリックしてテーブルを保存し、次のステップへ進みます。
    定義済みのカラム全てを含むテーブルが表示されます。

    例え

  5. これで、相互参照テーブルにデータを入力する準備が整いました。
    [Add row] (行の追加)をクリックし、テーブルにいくつでも必要な数の行を追加します。

    例え

  6. 対応するカラムに必要なデータを入力し、[Save] (保存)をクリックして変更を保存します。
    確認のメッセージが表示されます。
  7. [OK]をクリックして、メッセージを閉じます。
    入力したテーブルが保存され、既存の相互参照テーブルのリストに追加されます。
    注: [Upload data file] (データファイルのアップロード)オプションを使用すれば、.csvまたは.xlsファイルからのデータをテーブルに入力することができます。詳細は、次のセクションを参照して下さい。