Studioでデザインした実行可能なプロセスの実行 - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス

Talend Studioから特定のビジネスエンティティに対し、実行可能なプロセスを作成すると、Talend MDM Web UI[Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)ページに自動的にリスト表示されます。

このようなプロセスは、エンティティを電子メールで送信するなど、さまざまなテスクを実行するためにデザインすることができます。さらには、ワークフローを起動してマスターデータに特定の変更を施すことも含まれます。[Runnable Processes] (実行可能なプロセス)の詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。
  • 適切なユーザー認証とプロセスに対するアクセス権のあるロールが割り当てられていること。詳細は、セキュリティを参照して下さい。
  • Talend Studio内に少なくとも1つの実行可能なプロセスが作成済みであること。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

このタスクについて

実行可能なプロセスをWebインタフェースから実行するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Menu] (メニュー)パネルで[Browse] (参照)をクリックし、[Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)を選択します。
  2. エンティティリストから、実行可能なプロセスが作成されたエンティティを選択します。選択したエンティティに関連する全てのデータレコードがページに表示されます。リストの最初のレコードがデフォルトで選択され、その詳細が右側のパネルに表示されています。
  3. 右側のパネルにその詳細を開くために、実行可能なプロセスを実行するレコードをクリックします。
  4. 詳細ビューの右上で矢印をクリックし、Studioでデザインした全ての実行可能なプロセスのリストを選択したエンティティに表示します。

    例え

  5. 開いているデータレコードで実行するプロセスを選択し、リストの右にあるボタンをクリックします。
    これで、選択したプロセスが実行され、開いているレコード上で、プロセスで定義されたタスクが実行されます。[Runnable Processes] (実行可能なプロセス)の詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。