削除したデータレコードを復元する - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス

ごみ箱では、[Send to Trash] (ごみ箱に送る)オプションを使用して削除したデータレコードを確認することができます。また、削除する前にあった場所に戻すか、または完全に削除することができます。

注:
  • 削除したデータレコードは、復元中に[Before Saving process] (保存前のプロセス)によって検証されません。
  • エンティティの構造に影響を与える変更を使用してデータモデルを再デプロイした後は、以前に作成した対応するデータレコードを復元できない場合があります。ただし、ごみ箱から完全に削除することや、データコンテナ内で直接変更することは可能です。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。詳細は、セキュリティを参照して下さい。

  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

  • 管理するマスターデータが保存されているデータコンテナが選択済みであること、およびマスターデータを照合するデータモデルが検証されるようになっていることを確認します。詳細は、データコンテナとデータモデルへのアクセスを参照して下さい。

手順

  1. [Menu] (メニュー)パネルで[Browse] (参照)をクリックし、[Recycle Bin] (ごみ箱)をクリックします。
    次のページが表示されます。[Send to Trash] (ごみ箱に送る)オプションを使用して削除したデータレコードが、全てここにリスト表示されています。

    例え

  2. 復元するデータレコードのをクリックします。
    復元オペレーションの確認を求めるメッセージが表示されます。[Yes] (はい)をクリックすると、データレコードはごみ箱から復元され、データレコードリストに表示されます。
  3. 必要に応じて、完全に削除するデータレコードのをクリックします。

    ダイアログボックスが表示され、削除の確認が求められます。[Yes] (はい)をクリックすると、 データレコードがMDMサーバーから完全に削除されます。

    注: 1つ以上のデータレコードを選択して、復元するには[Restore selected records] (選択したレコードの復元)ボタンをクリックし、完全に削除するには[Delete selected records] (選択したレコードの削除)ボタンをクリックします。