相互参照テーブルの使用 - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス

MDMサーバー上に相互参照テーブルを作成すると、このテーブルを使用して次のことが行えます。

  • プロセス内で: プロセス内で実行するタスクのリストにcrossreferencingプラグインを含めることができます。crossreferencingプラグインは、MDMサーバーに保存されているテーブルから抽出したコンテンツを使用して、エレメントまたは属性の指定リストの内容を相互参照、すなわち置換します。

    プロセスの詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

    XSLTプラグインの相互参照機能で相互参照テーブルを使用することもできます。

  • ジョブ内で: tMDMInputコンポーネントと相互参照テーブルをルックアップで使用して、データの問題を解決したり、その他のマッピングを行ったりすることが可能です。