Studioでデザインしたスタンドアロンプロセスの実行 - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス

Talend Studioでスタンドアロンプロセスを作成した場合、そのプロセスはTalend MDM Web UI内の[Welcome] (ウェルカム)ページに自動的にリスト表示されます。

そのプロセスは特定のエンティティにリンクされておらず、マスターデータに対して別のタスクを実行するようにデザインできます。たとえば、リポジトリに新しいレコード/エンティティを追加する、マスターデータに対して特定の変更を行うワークフローを起動する、マスターデータに対してチェックまたは変換を行うジョブを開始する、またはWebインタフェースで新しいタブ内に特定の結果を返すジョブを開始するといったタスクです。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。
  • 適切なユーザー認証とプロセスに対するアクセス権のあるロールが割り当てられていること。詳細は、Talend MDM Web UI入門ガイドを参照して下さい。
  • Talend Studio内に少なくとも1つのスタンドアロンプロセスが作成済みであること。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

このタスクについて

スタンドアロンプロセスをWebインタフェースから実行するには、次の手順に従います。

手順

  1. Talend MDM Web UIにログインして[Welcome] (ウェルカム)ページを表示します。

    例え

  2. [Processes] (プロセス)パネルで、実行するスタンドアロンプロセスに対応するボタン(このサンプルではLaunchJob)をクリックします。
    このLaunchJobスタンドアロンプロセスは、Webユーザーインタフェース内の新しいタブに表示するPDFのURLをプロセスの出力変数に渡すジョブを呼び出します。続いて、返された結果を保存または印刷することができます。

    例え

タスクの結果

スタンドアロンプロセスを定義する方法は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

注: 上記サンプルのように問題なく結果を返すスタンドアロンプロセスを実行できるようにするには、Webブラウザの設定が正しく指定されていることを確認して下さい: ポップアップウィンドウをブロックせず、新しいウィンドウを新しいタブに開く。