データレコード内の特定フィールドのデータについて、ローカライズバージョンを提供する - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス
データブラウザページで、たとえば複数の言語にローカライズされたテキストを提供するために、ユーザーのロケールに応じて、Talend MDM Web UIがデータレコード内の特定のフィールドにデータをどう表示するかを設定することができます。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。詳細は、セキュリティを参照して下さい。

  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

  • MDM管理者がデータモデルの作成時にエレメントをローカライズ可能に設定していること。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

このタスクについて

以下のサンプルでは、マスターデータレコード内にローカライズバージョンのフィールドを提供する方法を説明しています。

手順

  1. 選択したデータコンテナ内でエンティティを検索するの説明に従って、目的のレコードを[Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)ページにリスト表示します。
  2. フィールドをローカライズするデータレコードを開きます。
  3. ローカライズ可能なフィールドには、[Edit the multiLanguage field] (multiLanguageフィールドの編集)ボタンが付いています。ローカライズするフィールドに付いているこのボタンをクリックして下さい。
    [Edit the multiLanguage field] (multiLanguageフィールドの編集)ダイアログボックスが開きます。
    注: 該当するフィールドにテキストを入力し、レコードを保存すれば、現在のロケールのローカライズバージョンが作成されます。この場合、[Edit the multiLanguage field] (multiLanguageフィールドの編集)ダイアログボックスを開く必要がありません。
  4. ボタンをクリックして、目的のフィールドに新しい言語のインスタンスを追加します。
    ドロップダウンリストから言語を選択し、[Value] (値)カラムに該当するテキストを入力し、[Save] (保存)をクリックします。

    例え

  5. いくつでも必要な数の言語インスタンスを追加し、[Close] (閉じる)をクリックします。
    画面右上にあるロケールを変更すれば、変更の結果をテストすることができます。