マッチングとサバイバーシップのプロセスの結果をステージングデータブラウザに表示する - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス

ステージングエリアで検証保留中のレコードが、一致ルールが添付されているデータモデルからのものである場合、検証プロセスを開始したときに、一致がないかチェックしてゴールデンレコードに使用する値を決めるために、MDMはこの一致ルールをレコードに適用します。これはマッチングとサバイバーシップのプロセスです。

マッチングとサバイバーシップのプロセス中に、検証保留中のレコードが最初に既存の一致グループ内でゴールデンレコードと照合してマッチングされ、ゴールデンレコードに一致しないレコードは、一致グループ内のソースレコードと照合してマッチングされます。

一致ルールの作成とデータモデルへの添付については、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

マッチングとサバイバーシップのプロセスの結果は、[Staging Data Browser] (ステージングデータブラウザ)に表示されます。

[Match group] (一致グループ)カラムには、MDMによって一致の各グループに割り当てられた識別子が表示されます。

[Status] (ステータス)カラムには、プロセスの結果が表示されます。

ステータス

説明

000

新規または変更されたレコード

202

レコードが一致レコードのグループの一部として正常に識別されました

203

レコードが一致レコードのグループの一部として正常に識別されましたが、ゴールデンレコードの信頼が低すぎるために、自動サバイバーシップは信頼できるゴールデンレコードを作成できませんでした

204

レコードが一致レコードのグループの一部として正常に識別されました。このレコードは、マスターデータベースに送られるユニークな(ゴールデン)レコードです

205

レコードがMDM検証フェーズに合格し、また、マスターデータベース内に存在します

206

レコードが削除されました

403

ユーザーデータモデルに基づく検証問題のために、レコードがMDM検証フェーズにパスしませんでした

404

制約の問題のために、レコードがMDM検証フェーズにパスしませんでした

一致ルールで定義した条件によっては、一部のレコードが、真の一致かどうかを判定するためにデータスチュワードからの手動による介入を必要とする潜在的な一致として識別される可能性があります。

ステージング検証が次回実行されると、プロセスは関連するタスクがどう扱われたかを確認し、それに合わせてレコードのステータスを更新します。タスクが解決すると、たとえば、レコードのステータスが203から204に変わり、レコードが直ちにマスターストレージに送られます。最後に、ステータスが205または40xとなります。

レコードが削除されると(ステータス206)、属している一致グループから削除され、サバイバーシッププロセスが再び実行されます。

1つ以上のタスクを解決すると、ステージング検証を再び実行して、レコードステータスの変更を反映させる必要があります。

注: 統合マッチングプロセス中に生成されたタスクの処理にTalend Data Stewardshipを使用したときは、(一致グループに新しいソースレコードを追加する、またはソースレコードのエレメントを更新するなど)ゴールデンレコードのステータスが205から203に変わる結果になる更新を行った場合、関連付けられたTalend Data Stewardshipのタスクが再開し、更新がタスクにも同期されます。