データレコードのスマートビューをエンティティ内に開く - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス

スマートビューは、Talend MDM Web UI内にデータレコードの詳細を表示するために使用される"従来の" 生成されるビューに代わるものです。

特定のエンティティに保存されているデータレコードの詳細のHTML表記をレンダリングする、カスタマイズされたビジネス指向のビューです。スマートビューはStudio内で作成されます。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

特定のエンティティ内のデータレコードを参照しようとすると、そのエンティティのスマートビューがないか、Talend MDMがチェックし、スマートビューが見つかると、"従来の"生成されたフォームを表示するのでなく、このビューを使用して、レコード詳細のHTML表記をレンダリングします。その後、スマートビューと生成されたフォームの間で切り替えを行うことができます。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。詳細は、セキュリティを参照して下さい。

  • Talend Studio内に少なくとも1つのスマートビューが作成済みであること。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

  • 管理するマスターデータが保存されているデータコンテナが選択済みであること、およびマスターデータを照合するデータモデルが検証されるようになっていること。詳細は、データコンテナとデータモデルへのアクセスを参照して下さい。

このタスクについて

選択したデータコンテナ内でエンティティを検索するで説明されているステップに従い、スマートビューを開きます。

[Data Browser] (データブラウザ)ページが開き、選択したデータコンテナ内の選択したエンティティに関連するデータレコードがリスト表示されます。レコード詳細が右側のパネルのスマートビュー(HTML表記)に開きます。

[Generated view] (生成されるビュー)タブをクリックして、"従来の"生成されるフォームに切り替えることができます。

ツールバーで以下のオプションが使用できます。

メッセージが表示されたら

内容...

[Generated view] (生成されるビュー)

レコード詳細の生成されるビューに切り替えます。[Generated view] (生成されるビュー)バーと[Personalized view] (パーソナライズされたビュー)バーをそれぞれ使用して、生成されるビューとスマートビューの間で切り替えを行うことができます。

ドロップダウン矢印

選択したエンティティ上にStudioで作成した全てのスマートビューのリストを表示します。このリストから、[Data Browser] (データブラウザ)ページ内に開くスマートビューを選択することができます。スマートビューの詳細は、『Talend Studio User Guide』を参照して下さい。

[Print] (印刷)

レコード詳細をファイルに印刷します。

[Duplicate] (複製)

レコードの正確なコピーを新しいページに開きます。次にたとえば、ゼロから作成しなくて済むように、このコピーをベースに新しいレコードを作成します。新しいデータレコードの追加については、新しいデータレコードをエンティティに追加するを参照して下さい。

[Journal] (ジャーナル)

選択したデータレコードの全てのログをリスト表示するページを開きます。詳細は、全てのデータレコードのログファイルの表示を参照して下さい。

ページ表示を更新します。

ドロップダウン矢印

選択したエンティティ上にStudioで作成した全ての実行可能なプロセスのリストを表示します。このリストから、リスト表示されたプロセスを実行して、マスターデータ上に特定のタスクを実行することができます。詳細は、Studioでデザインした実行可能なプロセスの実行を参照して下さい。