データレコードのエクスポート - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス
特定の検索条件の結果であるデータレコードをMDMサーバーからお使いのコンピューターにコピーすることができます。これにより、データレコードのローカルコピーを使用し、変更を加えて、レコードを再び、たとえばMDMサーバーにインポートすることができます。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。詳細は、セキュリティを参照して下さい。

  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

  • 管理するマスターデータが保存されているデータコンテナが選択済みであること、およびマスターデータを照合するデータモデルが検証されるようになっていることを確認します。詳細は、データコンテナとデータモデルへのアクセスを参照して下さい。

このタスクについて

検索条件の全てのレコードの結果をエクスポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. 選択したデータコンテナ内でエンティティを検索するまたは詳細検索機能の使用の説明に従い、特定の検索条件に従ってデータレコードをリスト表示します。
    エクスポートするデータレコードには、リスト内で使用できるフィールドのみが含まれており、これはビュー内で定義した内容によって異なります。

    例え

  2. エクスポートするデータレコードを選択し、メニューバーで[Import and Export] (インポートとエクスポート)をクリックします。
  3. [Export] (エクスポート)を選択して、[Export File] (エクスポートファイル)ダイアログボックスを開きます。

    例え

    複数値の区切り記号が指定済みであることを確認します。指定していないと、予測しないエラーが発生します。
    選択した内容に応じて、外部キーエレメントは次のいずれかの方法でエクスポートすることができます。
    • [Resolve Foreign Key] (外部キーの解決)チェックボックスをオンにしていない場合は、外部キーIDのみがエクスポートされ、ブラケットで囲まれます。たとえば、[FKid1][FKid1][FKid2][FKid1][FKid2]|[FKid3]のようになります。

    • [Resolve Foreign Key] (外部キーの解決)チェックボックスをオンにして、[Display Type] (タイプの表示)リストからId-FKInfoを選択すると、エクスポートされた外部キーエレメントの値にはIDと外部キー情報の両方が含まれます。たとえば、[FKid1]|FKinfo1[FKid1][FKid2]|FKinfo1[FKid1]|FKinfo1|FKinfo2のようになります。

    • [Resolve Foreign Key] (外部キーの解決)チェックボックスをオンにして、[Display Type] (表示タイプ)リストからIFKInfoを選択すると、エクスポートされた外部キーエレメントの値には外部キー情報のみが含まれます。たとえば、FKinfo1FKinfo1|FKinfo2のようになります。

  4. 検索結果をエクスポートするファイルのタイプをExcelまたはCSVのどちらかに指定します。このサンプルではExcelを指定しており、検索結果はxlsxファイルにエクスポートされます。
  5. [Export] (エクスポート)をクリックし、ダイアログボックスが開いたらその指示に従い、エクスポートオペレーションを完了します。従う手順はオペレーティングシステムによって異なります。

    例え

  6. [Save File] (ファイルを保存)オプションを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。リスト表示されているレコードは全て、MDMサーバーからお使いのコンピューターにxlsxファイルでコピーされます。
    ここで、レコードに必要な変更を加え、データレコードのインポートの説明に従ってMDMサーバーにインポートします。