データレコードのログファイルを表示する - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス

開いているデータレコードのログファイルには、この特定のデータレコードに関連付けられたイベントの説明がリスト表示されます。

注: 全てのデータレコードに関する情報がリスト表示されたログファイルにアクセスするには、[Journal] (ジャーナル)メニューオプションを使用します。詳細は、全てのデータレコードのログファイルの表示を参照して下さい。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。詳細は、セキュリティを参照して下さい。

  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

  • 管理するマスターデータレコードが保存されているデータコンテナが選択済みであること、およびマスターデータレコードを照合する、対応するデータモデルが検証されるようになっていることを確認します。詳細は、データコンテナとデータモデルへのアクセスを参照して下さい。

このタスクについて

特定のデータレコードのログファイルを表示するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)ページで、目的のエンティティに関連するデータレコードを検索します。
    検索条件に一致する全てのマスターデータレコードがページ内にリスト表示されます。デフォルトで最初のレコードが選択されており、その詳細が右側のパネルに表示されています。詳細は、選択したデータコンテナ内でエンティティを検索するを参照して下さい。
  2. リスト表示されているデータレコードの1つをクリックし、レコードの詳細を開きます。

    例え

  3. [More...] (詳細...)をクリックし、[Journal] (ジャーナル)を選択して、レコードのログファイルを開きます。

    例え

    ここで、選択したデータレコードに関連付けられた全てのイベントに関する情報を表示することができます。
  4. [Journal] (ジャーナル)タブで、行をダブルクリックするか、または行を右クリックしてから[View Changes] (変更の表示)をクリックし、イベントの詳細な説明を表示します。

    [Data Changes Viewer] (データ変更ビューワー)タブが開きます。

    ここで、ソース、変更のタイプ、影響を受けるデータレコード、および関連するエンティティを含め、変更されたデータレコードに関する主要な情報を確認することができます。

    例え

    ページ下部の[Before]および[After]パネルには、ソースレコードと変更済みのレコードの完全な詳細がそれぞれ表示されます。

    注:

    Talend MDM Web UIに管理者としてログインした場合は、[Before]および[After]パネル内に[Restore] (復元)ボタンが表示されます。管理者はこのボタンを使用して、レコードの古いバージョンを復元することができます。

    [Journal] (ジャーナル)タブでイベントを右クリックし、[Restore] (復元)をクリックして、レコードの前バージョンを復元することもできます。

  5. 実行した全ての変更の詳細なレポートを表示するには、[View Update Report] (更新レポートの表示)ボタンをクリックします。
  6. このデータレコードに関連付けられた前のイベントに移動するには、[Previous Report] (前のレポート)ボタンをクリックします。または、このデータレコードに関連付けられた次のイベントに移動するには、[Next Report] (次のレポート)ボタンをクリックします。
  7. 必要に応じて、[Open Record] (レコードを開く)ボタンをクリックして、レコードの詳細を新しいタブに開きます。
    [Menu] (メニュー)パネルの[Journal] (ジャーナル)オプションを使用してアイテムイベントを表示することもできます。たとえば、特定のアイテムをベースにするのではなく、変更のソース、オペレーションタイプ、または日付をベースに変更を検索する場合に、この方法は便利です。詳細は、全てのデータレコードのログファイルの表示を参照して下さい。