データレコードをエンティティから削除する - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス
選択したエンティティからデータレコードを完全に削除する方法と、後日復元できるようにデータレコードリストから消去する方法とがあります。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。詳細は、セキュリティを参照して下さい。

  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

  • 管理するマスターデータが保存されているデータコンテナが選択済みであること、およびマスターデータを照合するデータモデルが検証されるようになっていることを確認します。詳細は、データコンテナとデータモデルへのアクセスを参照して下さい。

手順

  1. [Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)ページで、目的のエンティティに関連するデータレコードを検索します。
    検索した全てのデータレコードがこのページにリスト表示されます。詳細は、選択したデータコンテナ内でエンティティを検索するを参照して下さい。
  2. 削除するデータレコードの横にあるチェックボックスをオンにします。

    例え

  3. データレコードを完全に削除するには、ボタンをクリックし、[Delete] (削除)を選択します。

    [Confirmation] (確認)のダイアログボックスが開きます。

    警告: [Delete] (削除)ボタンをクリックすると、データが完全に削除されます。わからないときには、[Send to Trash] (ごみ箱に送る)オプションを使用してデータレコードをレコードリストから消去するという方法があります。必要に応じて、消去したデータレコードを後で[Recycle Bin] (ごみ箱)から復元することができます。詳細は、削除したデータレコードを復元するを参照して下さい。
  4. [Yes] (はい)をクリックして削除を確定し、メッセージを閉じます。
    選択したマスターデータレコードがリストとリポジトリから削除されます。