詳細検索機能の使用 - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス
Talend MDM Web UIでは詳細検索機能が使用できます。複合的なステートメントをグラフィカルに連鎖させて検索式を構成することができます。さらに、詳細検索は保存したり"ブックマーク"を付けたりできます。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。
  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。詳細は、セキュリティを参照して下さい。
  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。
注:

以下が選択済みであることを確認します。

  • 管理するマスターデータが含まれているデータコンテナ。
  • マスターデータの検証を行う基準となるデータモデル。

詳細は、データコンテナとデータモデルへのアクセスを参照して下さい。

このタスクについて

式を使用してデータレコードを検索するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Menu] (メニュー)パネルで[Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)をクリックしてページを開き、そこで目的のエンティティを選択します。
    エンティティフィールドで矢印をクリックし、データレコードを検索するエンティティをリストから選択します。
    ページの右上で[Advanced Search] (詳細検索)を選択し、詳細検索ビューを表示します。

    例え

  2. アイコンをクリックして、[Advanced Filter] (詳細フィルター)ダイアログボックスを開きます。

    例え

  3. ドロップダウンリストを使用して検索式を構成します。
  4. [+]ボタンを使用し、リストから論理オペレーターを選択して、式に必要な数のステートメントを追加します。
  5. 必要に応じて、[Add more criteria] (条件の追加)をクリックし、日付を使用して検索をフィルタリングします。
  6. [OK]をクリックして[Advanced Filter] (詳細フィルター)ダイアログボックスを閉じます。
    グラフィカルに構成した式が[Search Expression] (検索式)フィールドに表示されます。

    例え

  7. 必要に応じて、アイコンをクリックして式が有効かどうか確認します。
  8. 検索条件を後で使用するために保存するには、[Bookmark] (ブックマーク)をクリックします。詳細は、検索条件の保存と再利用を参照して下さい。
  9. [Search] (検索)をクリックして、ユニークなIDに"B"が含まれている製品と、製品名に"Book"が含まれている製品を全て表示します。

    例え

    リストで最初のレコードが選択されており、その詳細が右側のパネルにリスト表示されています。
  10. リスト表示されているレコードの1つをクリックし、詳細を開きます。

タスクの結果

注: ページに表示されるレコードの数は、前の検索で[Lines/page] (行数/ページ)ボックスに定義した内容によって異なります。ボックス内の数字を必要に合わせて変更し、詳細検索を再開して、目的のレコード数をページに表示します。この数字は、リポジトリでデータレコードの参照を試みるたびに保持されます(MDM Hub)。