ワークフローの開始とワークフロータスクの終了 - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス

通常、どのワークフローでも最初のステップは、マスターデータに特定の変更を加えることでワークフロー自体をトリガーする、一種の開始ステップです。ただし、この変更は、デザインされたワークフロー内の全てのステップを経て、承認か非承認によって終了するまで、保存されません。

開始ステップを割り当てられたビジネスユーザーは、ワークフローをトリガーし、続いて、前のステップが完了すると、ワークフロー内の各ステップが有効になります。

以下のサンプルでは、MDMデモプロジェクトからインポートされたワークフローを使用しています。ある製品の価格の変更を検証するために、ワークフローProduct_Productがデザインされました。ワークフロー内で、2つの人手による介入が定義されました: 最初の介入は変更を開始するもので、2番目の介入はその変更を検証するものです。ワークフローの詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • BPMサーバーが開始済みであること。

  • MDMユーザー情報がMDMサーバーからBPMサーバーに同期済みであること。

  • 適切なユーザー認証およびアクセス権が付与されたロールが割り当てられているはずです。

  • ワークフローの開始ステップで介入するユーザーとして定義されているTalend Studioで、少なくとも1つのワークフローが定義されていること。

  • ワークフローを開始するために[Runnable Process] (実行可能なプロセス)が作成済みであること。[Runnable Process] (実行可能なプロセス)の詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

  • 管理するマスターデータが保存されているデータコンテナが選択済みであること、およびマスターデータを照合するデータモデルが検証されるようになっていること。詳細は、データコンテナとデータモデルへのアクセスを参照して下さい。

このタスクについて

特定のワークフローを使用してマスターデータに対する変更を開始するには、次の手順に従います。

手順

  1. Talend MDM Web UIにログインし、[Welcome] (ウェルカム)ページで[Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)をクリックします。対応するページが表示されます。

    ページの上部にある[Entity] (エンティティ)リストで、表示するデータレコードを含むエンティティ(このサンプルではProduct)を選択します。[Search] (検索)をクリックします。

    選択したエンティティのデータレコードが全てこのページに表示され、最初のレコードの詳細がデフォルトで右側のパネルに開きます。

  2. データの変更を開始するデータレコードをクリックします。

    選択したレコードの詳細が右側のパネルに表示されます。

  3. ページの右上で矢印をクリックし、製品の価格を変更するワークフローをトリガーするように定義された[Runnable Process] (実行可能なプロセス)をリストから選択します。
  4. ボタンをクリックし、選択した[Runnable Process] (実行可能なプロセス)を開始します。このサンプルでは、[Request Price Change] (価格変更リクエスト)が選択されています。
  5. オペレーションを繰り返してプロセスを開始し、必要に応じて他のデータレコードの変更を開始します。
  6. [Menu] (メニュー)パネルで、[Govern] (統制) > [Workflow Console] (ワークフローコンソール)の順にクリックして、対応するページを開きます。

    各データレコードのタスクが[Tasks] (タスク)ビューにリスト表示されています。

    注: デフォルトでは、Talend MDM Web UIにログインしたのと同じユーザーとしてBonita BPM Webポータルにログインされます。Webポータルページの表示は異なる場合があり、ログインユーザーのロールに従って異なるオペレーションが可能です。

    Bonita BPMサーバーがスタンドアロンアプリケーションとしてインストールされている場合は、別のユーザーとしてWebポータルにログインすることもできます。

    Bonita BPMサーバーを手動でインストールする方法の詳細は、Bonita BPMサーバーの手動インストールを参照して下さい。

  7. タスクをダブルクリックし、タスクの詳細を開きます。
  8. [DO IT] (実行)をクリックし、ワークフロータスクを取って実行します。

    ワークフロータスクのカスタマイズフォームがTalend Studioで定義済みの場合は、このカスタマイズフォームが表示されてタスクの詳細を示します。

    カスタマイズフォームの定義方法と Talend Webテンプレートをカスタマイズフォームとして使用する方法は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

    カスタマイズフォームが定義されていない場合は、デフォルトフォームが表示され、タスクの詳細が全て示されます。

  9. [Enter New Price] (新価格の入力)フィールドに新しい価格番号を入力し、[REQUEST APPROVAL] (リクエストの承認)をクリックして情報を送信します。

    例え

次のタスク

ここで、認証ユーザーは製品の価格変更を検証する必要があります。

  1. [Price Approval] (価格の承認)をクリックして価格検証タスクを開始します。

  2. 新価格をレビューし、必要に従って新価格を承認または拒否します。

    この例では、[APPROVE NEW PRICE] (新価格の承認)をクリックします。

  3. ページが表示され、情報が送信済みで、現在は使用できるタスクがないことが示されます。

  4. [Tasks] (タスク)タブをクリックし、左パネルで[Done] (終了)を選択します。

    ページには、終了したばかりのワークフロータスクと、各タスクの詳細がリスト表示されます。

  5. Talend MDM Web UIに戻り、[Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)ページで、変更したデータレコードに新たに承認された価格が含まれていることを確認します。