検証するレコードのフィルタリング - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス
保留中のレコードを全て同時に検証するか、または保留中のレコードのうちサブセットのみを処理するために、検証するレコードをフィルタリングすることができます。レコードをフィルタリングするときに、エンティティ、ステータス、または日付/時刻、もしくはこの3つの任意の組み合わせを使用することができます。

このタスクについて

検証プロセスの実行中にレコードをフィルタリングするには、次の手順に従います。

手順

  1. [Staging Area] (ステージングエリア)ページの[Status] (ステータス)エリアで[With filtering] (フィルター使用)チェックボックスをオンにして、[Start validation] (検証の開始)をクリックします。
    フィルタリングウィンドウが開きます。

    例え

  2. 特定のエンティティに関連するレコードのみに検証プロセスを実行するには、[Entity] (エンティティ)カラムで対応するチェックボックスをオンにします。
    選択したエンティティとの間に外部キー関係のある1つ以上のエンティティが、対応する[Dependencies] (依存性)カラムに表示されます。
  3. 特定ステータスのレコードのみに検証プロセスを実行するには、[Selected statuses] (選択したステータス)をクリックし、関連するステータスのチェックボックスを選択します。

    例え

  4. 期間を限定したレコードのみに検証プロセスを実行するには、[Date/Time Filter] (日付/時刻フィルター)セクション([Today] (本日)[Yesterday] (昨日) [Last Week] (先週)、または[Last Month] (先月))の中から期間を選択してクリックするか、または[Custom] (カスタム)をクリックして日付範囲を指定します。
  5. 使用するフィルター条件が指定できたら、[OK]をクリックして検証プロセスを開始します。