エンティティ内のマスターデータレコードを開く - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス
Talend MDM Web UIから、特定のデータコンテナ内の特定のエンティティに関連するマスターデータレコードについて、その生成されたビューを検索し、開くことができます。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。詳細は、セキュリティを参照して下さい。

  • 管理対象のマスターデータを保持するデータコンテナと、マスタ-データの妥当性チェックの対象となる対応データモデルを選択しているはずです。詳細は、データコンテナとデータモデルへのアクセスを参照して下さい。

  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

このタスクについて

特定のエンティティに関連するマスターデータレコードについて、その生成されたビューを開くには、次の手順に従います。

手順

  1. 選択したデータコンテナ内でエンティティを検索するの説明に従って、目的のレコードを[Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)ページにリスト表示します。

    例え

    このページは常に、特定のエンティティに関連するマスターデータレコードのリストで開きます。デフォルトでリスト内の最初のレコードが選択されており、その詳細が右側のパネルに表示されています。
    注: ページに表示されるレコードの数は、前の検索で[Lines/page] (行数/ページ)ボックスに定義した内容によって異なります。ボックス内の数字を必要に合わせて変更し、詳細検索を再開して、目的のレコード数をページに表示します。この数字は、リポジトリでデータレコードの参照を試みるたびに保持されます(MDM Hub)。
  2. このリストから、特定のマスターデータレコードをクリックし、その詳細を右側のペインに表示するか、またはレコードを右クリックしてコンテキストメニューを表示します。

    例え

  3. コンテキストメニューから、以下のように選択します:

    オプション

    内容...

    [Edit item with row editor] (行エディターでアイテムを編集)

    行エディターでレコードを更新します。データレコードの編集については、エンティティ内のデータレコードを更新するを参照して下さい。

    [Open item in new tab] (アイテムを新規タブで開く)

    レコードの詳細を新しいタブで開きます。

    データレコードに関連する表示可能な属性の全てが右側のパネルに表示されます。
    注:

    外部キーを定義して、選択したエンティティをデータモデル内の別のエンティティにリンクすると、詳細ビューに、リンクされた2つのエンティティを示す2つのタブが表示されます。

    Talend Studioで、レコードが保存されているビジネスエンティティ用にスマートビューが作成済みである場合、[Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)ページがこのカスタマイズビューで開きます。通常の生成されたビューでは開きません。スマートビューを開く方法の詳細は、データレコードのスマートビューをエンティティ内に開くを参照して下さい。スマートビューの詳細は、『Talend Studio User Guide』を参照して下さい。

    これらの属性は、データモデルの定義時にStudio内で定義されていたものによって異なります。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

    注: 表示されたマスターデータレコードに関連付けられた表示可能な属性は全て、管理者/マネージャーから割り当てを受けたロールのアクセス権に基づきます。詳細は、セキュリティを参照して下さい。

    デフォルトでは、読み取り専用属性はグレーで、書き込み可能な属性は白で表示されます。

    ただし、読み取り専用の属性が全ユーザーまたは特定のユーザーに表示される場合の色は変更できます。詳細は、Talend MDM Web UIで読み取り専用属性の表示色をカスタマイズする方法を参照して下さい。

    データレコードについては、生成されたこのフォーム内のさまざまなタブで、多くの管理オペレーションにアクセスできます。各オペレーションを次のテーブルで説明します。

    [Icon] (アイコン)/文字

    [Function] (関数)

    マスターデータレコードの画像をローカルに、またはサーバーからアップロードします。

    画像をマスターデータレコードから削除します。

    関連する属性の情報ツールヒントを表示します。

    必須の属性を示します。

    エンティティ間の関係(外部キー)を管理します: 関係に使用できる外部キーのリストを表示します。

    エンティティ間の関係(外部キー)を管理します: 関係に新しいレコードを作成します。

    エンティティ間の関係(外部キー)を管理します: 外部キーをフィールドから削除します。

    エンティティ間の関係(外部キー)を管理します: 関連するレコードを新しいページに開きます。

    マスターデータレコードは、特定のエンティティに添付された一致ルールに従ってマッチングおよびマージされた1つ以上の類似するステージングデータレコードのグループからビルドされたゴールデンレコードが出所となっている場合があります。ゴールデンレコードの詳細は、ステージングエリアで統合マッチングタスクを実行するを参照して下さい。

    ソースステージングデータレコードのグループ、および一致ルールがそれにどう適用されるかを学ぶには、[Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)ページで[More...] (詳細...)をクリックし、コンテキストメニューから目的のオプションを選択します。コンテキストメニューから使用できるオプションの説明は、次のテーブルを参照して下さい。

    ビューツールバーで以下のオプションが使用できます。

    メッセージが表示されたら

    内容...

    [Save] (保存)

    レコードの詳細に加えた変更を保存します。

    [Save and close] (保存して閉じる)

    レコードの詳細に加えた変更を保存し、レコードを閉じます。

    削除

    レコードを完全に削除するか、またはデータレコードリストからのみ消去します。詳細は、データレコードをエンティティから削除するを参照して下さい。

    ページ表示を更新します。

    [More...] (詳細...)

    • [Open Item in New Tab] (アイテムを新規タブで開く): レコードの詳細を表示する新しいタブを開きます。

    • [Duplicate] (複製): レコードの正確なコピーを新しいページに開きます。次にたとえば、ゼロから作成しなくて済むように、このコピーをベースに新しいマスターデータレコードを作成します。新しいデータレコードの追加については、新しいデータレコードをエンティティに追加するを参照して下さい。

    • [Journal] (ジャーナル): 選択したマスターデータレコードの全てのログをリスト表示するページを開きます。詳細は、全てのデータレコードのログファイルの表示を参照して下さい。

    データレコードが関連しているエンティティに他のエンティティとの外部キーリンクがある場合は、次のオプションが使用できます。

    • [Navigator] (ナビゲーター): これによって開くページでは、認証ユーザーは、選択したマスターデータレコードに外部キーでリンクされた全てのマスターデータレコードをグラフィック環境で見ることができます。

    • [Relations] (関係): これによって開くページでは、選択したデータレコードにリンクされているデータレコードを検索する条件を定義することができます。このオプションは、選択したデータレコードが関連しているエンティティをポイントするように定義された外部キーがある場合に限り使用できます。

    詳細は、外部キーによってリンクされたマスターデータレコードのナビゲーションを参照して下さい。

    マスターデータレコードが、1つ以上のステージングデータレコードのグループからマッチングとサバイバーシップのプロセスを通じてビルドされたゴールデンレコードに由来する場合、次のオプションが使用できます。

    • [Match Lineage] (マッチング来歴): これによって開くページには、マージしてゴールデンレコードを作成した該当するステージングデータレコードに加え、ゴールデンレコードそのものがリスト表示されます。

    • [Open Task] (タスクを開く): 関連付けられたTalend Data Stewardshipタスクページを開きます。タスクが属している関連するキャンペーンの[data steward] (データスチュワード)としてTalend Data Stewardshipにログインしていることを確認して下さい。マスターレコードが、マッチングとサバイバーシップのプロセスの後にステータスが205となっているゴールデンレコードに由来する場合、Talend Data Stewardshipタスクは作成されず、その場合、このオプションは使用できません。

      詳細は、Talend Data Stewardshipのドキュメンテーションを参照して下さい。

    • [Match Plan] (一致プラン): 一致の詳細を示すダイアログボックスが表示されます。

    マッチングとサバイバーシップについては、ステージングエリア内のレコードを使用するを参照して下さい。

    ドロップダウン矢印

    選択したエンティティ上にStudioで作成した全ての実行可能なプロセスのリストを表示します。このリストから、リスト表示されたプロセスを実行して、マスターデータ上に特定のタスクを実行することができます。詳細は、Studioでデザインした実行可能なプロセスの実行を参照して下さい。

    [Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)ページで、コンテキストメニューから[More...] (詳細...)をクリックし、[Match Lineage] (マッチング来歴)を選択して[Match Lineage] (マッチング来歴)ページを開きます。

    [Match Lineage] (マッチング来歴)ページでは、次の手順を実行することができます。

    • [Open Task] (タスクを開く)ボタンをクリックし、関連付けられたTalend Data Stewardshipタスクページに直接移動します。

    • ステージングデータレコードの各アイテムをクリックし、詳細を[Match Lineage] (マッチング来歴)ページの下部に表示します。ステージングデータレコードで[More...] (詳細...)をクリックし、コンテキストメニューから目的のオプションを選択して、マスターデータレコードとそのマージ方法に関する情報を取得します。ステージングデータレコードに使用できるオプションについては、エンティティ内のステージングデータレコードを開くを参照して下さい。

    • [Match Plan] (一致プラン)タブをクリックして[Match Plan] (一致プラン)ビューを開きます。ここには、グループサイズ、信頼スコア、連結一致スコア、およびフィールドごとの一致スコアに関する情報が表示されます。これらのパラメーターの説明は、ステージングデータレコードのマッチングのシミュレーションを参照して下さい。

    必要に応じて、[Match Plan] (一致プラン)ビューで、ボタンをクリックして[Match Detail] (マッチング詳細)ダイアログボックスを開きます。ここでは、各ステージングデータレコードのマッチングの状況に関する詳細な情報が得られます。