ステージングエリア内のレコードを検証する - 7.1

Talend MDM Web UIユーザーガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Web UI
task
データガバナンス

ステージングエリア内のレコードを検証するオペレーションは、全てのエンティティのエレメントに対する読み書きアクセス権を持つユーザーが行って下さい。

詳細は、セキュリティを参照して下さい。

このタスクについて

ステージングエリア内のレコードを検証し、マスターデータベースに転送するには、次の手順に従います

手順

  1. [Menu] (メニュー)ペインで[Govern] (統制) > [Staging Area] (ステージングエリア)の順にクリックして、[Staging Area] (ステージングエリア)ページを開きます。
  2. Talend MDM Web UI[Staging Area] (ステージングエリア)ページの[Status] (ステータス)エリアには、検証を必要とする可能性があるレコードの詳細が表示されます(下図を参照)。

    例え

  3. [Start Validation] (検証の開始)ボタンをクリックして検証プロセスを開始します。
    注: 検証プロセスを実行するレコードをフィルタリングすることもできます。詳細は、検証するレコードのフィルタリングを参照して下さい。

    [Current Validation] (現在の検証)エリアで、進行状況バーに検証の進行状況が示されます。[Cancel] (キャンセル)ボタンをクリックして、この段階で検証をキャンセルすることもできます。

    検証プロセスが完了すると、詳細が[Previous Validation(s)] (前の検証)エリアに表示されます(下図を参照)。