EXASolutionデータベーステーブルからデータを取得する - 7.3

EXASolution

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXASolution
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXASolution
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXASolution

手順

  1. tExasolInputコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Host name] (ホスト名)[Port] (ポート)[Schema name] (スキーマ名)[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)の各フィールドに、EXASolutionデータベース接続の詳細を入力します。
  3. [Table Name] (テーブル名)フィールドに、データの取得元となるテーブルの名前を入力します。このサンプルでは、"employee"です。
  4. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開き、スキーマを定義します。スキーマは、tFixedFlowInputコンポーネントのスキーマと同じでなければなりません。
    次に[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、スキーマを次のコンポーネントに伝播する処理を承諾します。
  5. [Guess Query] (推測クエリー)ボタンをクリックして、指定されたテーブルで実行される、自動生成された次のSQLステートメントを[Query] (クエリー)フィールドに入力します。
    SELECT employee.EmployeeID,
    		employee.EmployeeName,
    		employee.OrgTeam,
    		employee.JobTitle,
    		employee.OnboardDate,
    		employee.MonthSalary
    FROM	employee
  6. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)オプションを選択して、出力を読みやすくします。