ソースデータの準備 - 7.3

EXASolution

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXASolution
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXASolution
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXASolution

手順

  1. tFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開きます。
  3. [+]ボタンをクリックし、次の6つのカラムを追加します: [Integer] (整数)型のEmployeeID[String] (文字列)型のEmployeeNameOrgTeam、およびJobTitle[Data] (データ)型でyyyy-MM-ddの日付パターンを持つOnboardDate、および[Double] (倍数)型のMonthSalary
  4. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、スキーマを次のコンポーネントに伝播する処理を承諾します。
  5. [Mode] (モード)エリアで、[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用: 区切りファイル)を選択し、[Content] (コンテンツ)フィールドに次の従業員データを入力します。
    12000;James;Dev Team;Developer;2008-01-01;15000.01
    12001;Jimmy;Dev Team;Developer;2008-11-22;13000.11
    12002;Herbert;QA Team;Tester;2008-05-12;12000.22
    12003;Harry;Doc Team;Technical Writer;2009-03-10;12000.33
    12004;Ronald;QA Team;Tester;2009-06-20;12500.44
    12005;Mike;Dev Team;Developer;2009-10-15;14000.55
    12006;Jack;QA Team;Tester;2009-03-25;13500.66
    12007;Thomas;Dev Team;Developer;2010-02-20;16000.77
    12008;Michael;Dev Team;Developer;2010-07-15;14000.88
    12009;Peter;Doc Team;Technical Writer;2011-02-10;12500.99
  6. tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. [File Name] (ファイル名)フィールドで、入力データの書き込み先となるファイルを指定します。この例では"E:/employee.csv"です。
  8. [Advanced settings] (詳細設定)をクリックし、tFileOutputDelimitedコンポーネントの[Advanced settings] (詳細設定)ビューを開きます。
  9. [Advanced separator (for numbers)] (高度な区切り記号(数値用))]チェックボックスをオンにし 、表示された[Thousands separator] (千桁区切り)および[Decimal separator] (小数点区切り)フィールドで、1000桁と10進数の区切り記号を指定します。この例では、デフォルト値",""."が使われています。