R2020-07の新機能 - 7.3

Talend Data Fabricリリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
リリースノート

プラットフォームのサポート

機能

説明

Internet Explorer 11 Internet Explorer 11のサポートは非推奨です。

Big Data: 新しい機能

機能

説明

Cloudera Data Platform (CDP)のサポート Hadoopクラスターに接続を設定する時にCloudera CDP 7.1.1を選択できるようになりました。また、CDP Private Cloud Base 7.xのダイナミックディストリビューションを追加して使用することも可能です。

Talend StudioのCDP統合に新しく導入された依存項目管理システムにより、ランタイム時のジョブのパフォーマンスが向上します。

CDPでサポートされているエレメントは次のとおりです。
  • Data Integrationコンポーネント:
    • Sqoop
    • Impala
tAzureFSConfiguration: Azure Data Lake Storage (ADLS) Gen2の[Basic settings] (基本設定)ビューに新しく提供されたプロパティ Spark Streamingフレームワーク、またはSpark Batch Jobフレームワークで実行されているtAzureFSConfigurationを使って接続を設定する場合に、Azure ADの認証情報で認証できるようになりました。
Spark StreamingジョブでのHadoop設定ファイルの使用 Spark StreamingジョブをHadoopクラスターに接続する場合は、設定JARファイルを使用します。このファイルへのパスは、ジョブのSpark構成かHadoopクラスター構成で指定します。このオプションを使用できるのは非Cloudディストリビューション上のYarnクラスターのみです。オプションとして、この接続パラメーターをコンテキスト化すれば、ジョブを実行する環境に基づいて適切なクラスターに自動的に接続できるようになります。
tBigQueryBulkExec: 新しいプロパティを追加 tBigQueryBulkExecコンポーネントに追加された[Credential type] (認証情報タイプ)プロパティによって、[Service account] (サービスアカウント)オプションや[HMAC key] (HMACキー)オプションを使ってプロジェクトを認証できるようになりました。

tS3Configuration: Spark Batchジョブの[Basic settings] (基本設定)ビューに追加された新しいプロパティ

AWSで有効になっているSSE-KMS暗号化サービスを利用する際、暗号化に使う顧客管理CMKのKMSキーIDを指定できるようになりました。

Data Integration: 新しい機能

機能

説明

タイトルバーの改良 Talend Studioのタイトルバーにあるパッチのリリース名が更新されました。

tBigQueryBulkExec: 新しいオプションを追加

tBigQueryBulkExecコンポーネントの[Use custom null marker] (カスタムnullマーカー)オプションを使えば、null値を持つフィールドによるエラーを防止できます。

オプションを削除

[Move to the current directory] (現在のディレクトリーに移動)オプションは、必要でないため削除されました。対象コンポーネント: tFTPGet、tFTPPut、tFTPFileList、tFTPDelete、tFTPFileExist、tFTPFileRname、tFTPTruncate

tJDBCSCDELT: SCDタイプ0のサポート

tJDBCSCDELTで、Exasol、Mysql、MSsql、Oracle、Postgresql、SnowflakeのSCDタイプ0がサポートされるようになりました。

tVerticaBulkExec: 既存のダイナミックスキーマの使用

tVerticaBulkExecコンポーネントが、tSetDynamiSchemaコンポーネントによって生成されたダイナミックスキーマを使用できるようになりました。

tRedshiftUnload: Apache Parquetファイルのサポート

tRedshiftUnloadコンポーネントがApache Parquetファイルにデータをアンロードできるようになりました。

tAmazonEMRManage: 新しいAmazon EMRクラスターバージョンのサポート

tAmazonEMRManageコンポーネントがAmazon EMRクラスターバージョン5.29.0をサポートするようになりました。

EXAコンポーネントの名前変更

EXAコンポーネントの名前が変更されました。詳細は次のとおりです。

  • tEXABulkExeからtExasolBulkExecに変更
  • tEXACloseからtExasolCloseに変更
  • tEXACommitからtExasolCommitに変更
  • tEXAConnectionからtExasolConnectionに変更
  • tEXAInputからtExasolInputに変更
  • tEXAOutputからtExasolOutputに変更
  • tEXARollbackからtExasolRollbackに変更
  • tEXARowからtExasolRowに変更
tGoogleDataprocManage: 新しいオプションを追加 tGoogleDataprocManageコンポーネントに追加された[Internal IP only] (内部IPのみ)オプションによって、クラスター内のすべてのインスタンスが内部IPアドレスのみを持つよう設定できるようになりました。
tGSConnection: 新しい認証タイプ tGSConnectionコンポーネントに追加された[Credential type] (認証情報タイプ)プロパティによって、[Service account] (サービスアカウント)オプションや[HMAC key] (HMAC キー)オプションを使ってプロジェクトを認証できるようになりました。
このプロパティは、他のすべてのGoogle Storageコンポーネント(tGSDelete、tGSGet、tGSList、tGSCopy、tGSPut、tGSBucketCreate、tGSBucketList、tGSBucketDelete、tGSBucketExistなど)でも使用できます。
tGSBucketCreate: バケット作成の新しいリージョン 認証情報タイプとして[Service account] (サービスアカウント)を選択してバケットを作成する時に、tGSBucketCreateコンポーネントで[ASIA] (アジア)リージョンを利用できるようになりました。

Data Mapper: 新しい機能

機能

説明

tHConvertFileでのマージオプション tHConvertFileコンポーネントに、大きな入力ファイルの使用時に作成されるパーツファイルをマージできる新しいオプションが追加されました。

Data Quality: 新しい機能

機能

説明

参照されているプロジェクト メインプロジェクトは、参照されているプロジェクトに行われた変更を検出します。