R2021-01で注目される修正 - 7.3

Talend Data Fabricリリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
リリースノート

プラットフォームの互換性

問題

説明

MacOS Big Surの表示問題 Talend StudioをMacOS Big Surにインストールする時に発生していた複数の表示の問題が修正されました。

Data Mapper

問題

説明

パラメーターとして使用されている空のパラメーター Java関数にパラメーターとして使用されているエレメントに値がない場合でも、Talend Data Mapperがエラーを返さなくなりました。
ルートが停止した時に、DataSourceおよび関連付けられたプールが閉じない DatabaseLookup関数でルートを閉じた後に接続プールが開いたままになる問題が解決されました。

ESB

問題

説明

cDelayerコンポーネントに使用されているコンテキストパラメーターが、ルート実行時にエラーの原因となる。

cDelayerでコンテキストパラメーターを使用してもエラーが発生しなくなりました。

Beanクラスで設定されている値をcRESTコンポーネントの[Endpoint] (エンドポイント)フィールドで使用すると、コンパイルエラーが発生する。

コンパイルエラーが解決されました。

レスポンスがHTTP 202の時にtRestClient呼び出しが何も返さず、残りのリクエストがスキップされる。

tRestClientがHTTP 202レスポンスを受け付け、続いてコンポーネントにレスポンスを返すようになりました。

パスワードタイプのコンテキストを持つジョブが、Talend Cloudに公開された後にStudioで実行されず、NullPointer例外が発生する。

ジョブがクラウドに公開された時に、パスワードタイプのすべてのコンテキストパラメーターが明示的にクリアされる。修正されました。