R2020-12の新機能 - 7.3

Talend Data Fabricリリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
リリースノート

Big Data: 新しい機能

機能

説明

Databricks 6.4のサポート Databricks 6.4がAWSでサポートされるようになりました。
Spark BatchジョブにおけるSnowflakeコンポーネントのキーペア認証 次のSnowflakeコンポーネントでキーペア認証方式がサポートされるようになりました。
  • tSnowflakeInput
  • tSnowflakeOutput
  • tSnowflakeConfiguration
キーペア認証方式を使用するためには、tSetKeystoreコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューでキーペア認証データを設定する必要があります。
RDDとDSのいずれかを選択できる新しいオプション

7.3でSpark Batchジョブを実行する時にDS (Dataset)を使うかどうか選択できるようになりました。

RDD (Resilient Distributed Dataset)からDSへのコンポーネントのAPI移行に伴い、コンポーネントが使用するAPIに応じてジョブで動作の違いが現れることがあります。この新しいオプションによって、7.3より前に作成されたジョブと7.3で作成されたジョブの下位互換性を確保し、RDDとDSの動作の違いによるISO設定エラーを回避できるようになります。
注: 7.3で新しく作成されたジョブはDSを使用し、7.3以前のバージョンからインポートされたジョブはデフォルトでRDDを使用します。

Data Integration: 新しい機能

機能

説明

ルックアンドフィールの変更 コンポーネント間の接続で使われる矢印アイコンが変更されました。
Gitリモートブランチリストの強化 [Repository] (リポジトリー)ツリービューのドロップダウンメニューに新しい項目[> Click for more remote branches...] (クリックしてリモートブランチをさらに表示)という新しいメニューが追加されました。これによってダイアログボックスでリモートブランチやタグを検索して選択できます。
Gitの競合解決機能の強化 Talend StudioのEMF比較エディターで、次のタイプのメタデータ接続について、競合項目の比較がサポートされるようになりました。
  • Azure
  • CosmosDB
  • Couchbase
  • Neo4jv4
  • NetSuite
  • RabbitMQ
  • Workday
tELTTeradataMapの強化

tELTTeradataMapコンポーネントのELT Mapエディターで[Property Settings] (プロパティ設定)という新しいダイアログボックスが追加されました。このダイアログボックスには次の2つのオプションが含まれています。

  • [Delimited identifiers] (区切り識別子): このチェックボックスをオンにすると、すべての出力カラム名に二重引用符が追加され、区切り識別子をサポートされるようになります。
  • [Use alias in output table] (出力テーブルでエイリアスを使用): このチェックボックスをオンにすると、SQLクエリーのすべての出力カラムにエイリアスが使われるようになります。

Teradata 17のサポート

本リリースでTeradata 17がサポートされるようになりました。

Google BigQueryコンポーネント: OAuthアクセストークンだけを使う新しい認証モード tBigQueryBulkExec、tBigQueryInput、tBigQueryOutput、tBigQuerySQLRowの各コンポーネントでOAuth Access Token認証モードが新たに追加されました。これによって、OAuthアクセストークンを使ったプロジェクトの認証が可能になりました。
GSコンポーネント: OAuthアクセストークンだけを使う新しい認証情報タイプ

OAuthアクセストークンを使ってプロジェクトを認証できるよう、GSコンポーネントでOAuthアクセストークンの新しい認証情報タイプが提供されるようになりました。

このオプションを利用できるコンポーネントは、tGSBucketCreate、tGSBucketDelete、tGSBucketExist、tGSBucketList、tGSConnection、tGSCopy、tGSDelete、tGSGet、tGSList、tGSPutです。

この新しい認証情報タイプを選択してバケットを作成する時に、tGSBucketCreateコンポーネントで[ASIA] (アジア)リージョンも利用できるようになりました。

Data Mapper: 新しい機能

機能

説明

XMLストラクチャー内の値が空であるオプシ ョ ンエレメント XML表記内の新しい[Emit empty optional elements on output] (出力で空のオプションエレメントを発行)プロパティでは、値が空の場合でもオプシ ョ ンエレメントを出力内に生成できます。
Beansとルーチン 新しいプロジェクトで、Talend StudioのBeanとルーチンの位置がMappingクラスパスに自動的に追加されるようになりました。セッションで[Test Run] (テスト実行)機能を初めて使う場合、これらは自動的にコンパイルされます。
XSDインポートから複雑なエレメントを除外 XMLスキーマインポートウィザードの新しいオプションによって、ストラクチャーから除外したい複雑なタイプをリスト化できるようになりました。
重複するJSONエレメントのサポート 名前が重複しているエレメントを持つJSONファイルをインポートしてもエラーが返されなくなりました。最初のエレメントの値が使用され、他のエレメントは無視されます。