R2020-09で注目される修正 - 7.3

Talend Data Fabricリリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
リリースノート

Big Data

問題

説明

Spark BatchジョブでtFileInputJson、tAvroInput、tFileInputXMLが使用されている場合のコンパイルエラー CDH6.1またはCDP7.1で、tFileInputJson、tAvroInput、tFileInputXMLの各コンポーネントを使ったSpark Batchジョブが正しく実行されるようになりました。
SparkジョブがtUniqRowを使う時のコンパイルエラー tUniqRowコンポーネントを使ったSparkジョブが正しく実行されるようになりました。
tKuduOutputを使用するとKuduテーブルが作成されない CDH 6.1.1とCDH 6.3.3.3でtKuduOuputを使ってジョブを実行した場合に、Kuduテーブルが作成されるようになりました。
Kafka Spark Big Data Streamingが正しく動作しない tKafkaOutputコンポーネントを使ったSpark Streamingジョブが正しく実行されるようになりました。
HTTPモードでHiveに接続している時はorg.apache.http.conn.ssl.SSLConnectionSocketFactoryクラスを初期化できない HTTPモードでHiveサーバーに接続しようとした時に表示されていた"java.lang.NoClassDefFoundError: Could not initialize class org.apache.http.conn.ssl.SSLConnectionSocketFactory at org.apache.hive.jdbc.HiveConnection.getHttpClient(HiveConnection.java:606)"というコンピレーションエラーが解決されました。

Data Integration

問題

説明

Talend Studio起動時のパフォーマンスの問題 次の変更によって、Talend Studioの起動パフォーマンスがさらに向上しました。
  • 起動時の不必要な再起動を回避
  • 「ようこそ」ページのTalendニュースのロードを改善
  • プロジェクトへのログオン時に必要に応じてルーチンを構築
  • 古いバージョンからプロジェクトを移行する際に、コンテキスト変数とその変数を再利用する項目間のリンクの作成を改善
継続的インテグレーションでのパフォーマンス問題 ソースコード生成時にCommandLineによって行われるMaven操作を回避することで、継続的インテグレーションのパフォーマンスが向上しました。

Data Mapper

問題

説明

cMapがclasscastExceptionをスローし、java Beanからプロパティをマッピングできない Saxon 9.7 での動作変更が原因で発生していた問題が修正されました。
tHMapが65535バイトの制限を超えている 多数のカラムが含まれる出力を処理できるよう、tHMapコンポーネントでJava Reflectionが使用されるようになりました。
ブランチへのインポート後、Studioで階層マッパーセクションの正しいツリーが表示されない .projectファイルで<nature>com.oaklandsw.transform.runtime.nature</nature>という行が見つからない原因となっていた問題が解決されました。
ランタイムのTDMEndpointクラスで大量のメモリが消費される cMapコンポーネントのキャッシュメカニズムが修正され、メモリが大量に消費されないようになりました。

ESB

問題

説明

Talend Runtimeでデプロイすると、cJmsを使用しているルートとWebsphereMQへの接続でエラーが発生する

MQの依存項目の問題が修正されました。

Talend Runtime 7.2.1でgroovy.jsonパッケージを使用しているルートでエラーが発生する

この問題は、生成されたKARファイルにcamel-groovy機能を追加し、そのcamel-groovy機能にgroovy-jsonという依存項目を追加してgroovyバージョンを更新することで修正されました。

tRestClientコンポーネントとtBigQueryBulkExecコンポーネントが同じビルドに含まれるとコンパイルエラーが発生する

この問題は、依存項目が原因でguava-27.0.1-android.jarが含まれる時は必ずビルドにfailureaccess-1.0.1.jarを自動パッケージ化することで修正されました。

Camelのデフォルトの依存項目がTalend Studio 7.2.1から7.3.1に更新されない

この問題は修正されました。

tSendMailコンポーネントが添付ファイルと共に Talend Runtimeでデプロイされる問題

この問題はジョブビルドからjakarta.activation jarを除外することで修正されました。