ビッグデータ: ヒントと注 - 7.3

Talend Data Fabricリリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
リリースノート

項目

説明

Cloudera Data Platform (CDP)のサポートに関する問題について
  • JAVA APIモードでSqoopでAvro形式とParquet形式をインポートしようとすると、エラーが返されることがあります。エラーが発生した場合はTalendにご連絡ください。
  • KerberosとSSLを有効にしてImpalaに接続しようとすると、エラーが返されます。
WindowsでのMapR 6.0接続 MapR 6.0に確実に接続できるよう、以下のプロパティをStudioの起動.iniファイルに追加する必要があります。
  • -Djava.security.auth.login.config=/opt/mapr/conf/mapr.login.conf
  • -Dhadoop.login=hybrid
  • -Djava.library.path=/opt/mapr/lib

関連する問題: https://jira.talendforge.org/browse/TBD-6411

ダイナミックディストリビューションJARファイル

ダイナミックディストリビューションを定義する時に、ダウンロードするダイナミックディストリビューションjarファイルの保管先とするローカル Nexusリポジトリーを設定する必要があります。

この設定に使うエリアは、[Project Settings] (プロジェクトの設定)ダイアログボックスの[General] (一般) > [Artifact Proxy Setting] (アーティファクトプロキシの設定)ビューに移動しました。