tAddressRowCloudのアドレス検証レベル - 7.2

Address standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント

tAddressRowCloudコンポーネントはVerificationLevelカラムを出力します。このカラムには、 Talend によって定義されたアドレス検証レベルが表示されます。

コンポーネント(Loqate、MelissaDataなど)でサポートされるプロバイダーはそれぞれ、異なるデータベースとアルゴリズムを使ってアドレスを検証しているので、検証レベルも異なります。プロバイダーのアドレス検証結果は Talend 検証レベルにマッピングされます。

以下のテーブルでは、コンポーネントが出力した検証レベルについて説明します。

検証レベル

説明

検証済み

入力データと使用可能な参照データからの1つのレコードが完全に一致しています。

部分的に検証済み

入力データと使用可能な参照データからの1つのレコードが完全に一致しています。

未検証

入力データと使用可能な参照データからの1つのレコードが部分的に一致しています。

不明確

複数の近い参照データの一致が見つかりました。

競合

複数の近い参照データの一致が見つかりましたが、値が競合しています。

リバート

レコードを最小許容レベルで検証できません。出力フィールドに入力データが格納されます。