Googleに対するアドレス解析 - 7.2

Address standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント

このタスクについて

次の手順に従って、クラウドで参照データと比較してアドレスを解析ジョブをGoogle Places APIに対して実行できます。

手順

  1. tFixedFlowInput[Basic settings] (基本設定)[Edit Schema] (スキーマを編集)ボタンを使ってスキーマを作成します。
    開いたダイアログボックスの[+]ボタンをクリックし、入力アドレスの情報を格納するカラムを1つ追加します。この例では、addressです。
  2. [OK]をクリックします。
    addressカラムが[Inline Table] (インラインテーブル)内に作成されます。
  3. [Inline Table] (インラインテーブル)テーブルに、次のような、分析対象のアドレスデータを入力します。
    "1211 AVENUE OF AMERICAS FL 8 10036 NEW YORK USA"
    "B69 2lt 9kings   United Kingdom ave"
    "1729号 黄兴路 China, 200433"
    "15 Rue Nelaton   Paris PARIS 92800 France"
    "1211 AVENUE OF AMERICAS FL 8 10036 NEW YORK"
    "1 Rue de l'Abbaye, Paris"
    "1 Chemin de l'Abbaye, Paris"
    "1 Place de l'Abbaye basset, Paris"
    "8000 Cummings Hall,Hanover,New Hampshire,03755,"
    
  4. tAddressRowCloudの基本設定の[Address Provider] (アドレスプロバイダー)リストから[Google]を選択します。
  5. [License/API key] (ライセンス/APIキー)フィールドに、Google Developer Console (https://developers.google.com/console/help/new/)から生成したAPIキーを入力します。
  6. [Mapping] (マッピング)テーブルの[+]ボタンをクリックして行を追加し、[Address] (アドレス)を選択します。
    このフィールドの値が、このテーブルで設定した入力カラムにマッピングされます。
  7. 必要な場合は[Use Additional Output](その他の出力を使用する)チェックボックスをオンにし、[Output Mapping] (出力マッピング)テーブルを使って、プロバイダーリポジトリーからその他のアドレス情報を取得します。
    詳細は、その他のアドレスフィールドの定義を参照してください。
  8. [Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Output Script] (出力スクリプト)[FRENCH]に設定し、他のパラメーターはそのままにします。
  9. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。
    tAddressRowCloudコンポーネントはデータをクラウドにアップロードし、修正済みデータを取得し、結果を出力ファイルに書き込みます。
  10. 出力コンポーネントを右クリックし、[Data Viewer] (データビューアー)を選択して、フォーマット済みアドレスデータを表示します。
    tAddressRowCloudは入力アドレスデータをGoogle Places APIと照合し、フォーマットしたアドレスを出力ファイルに書き込みます。
    VerificationLevel出力カラムは、処理されたアドレスの検証ステータスを表示します。詳細は、tAddressRowCloudのアドレス検証レベルを参照してください。