tBatchAddressRowCloud - 7.2

Address standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント

バッチ処理を使用して住所データを解析し、他のソフトウェアをインストールすることなく、フォーマッティングされた住所をすばやく正確に取得します。

住所データは、LoqateおよびMelissaDataを含むバッチサービスをサポートするプロバイダーからの最新のオンライン参照データと比較して修正します。tBatchAddressRowCloudは、国や郵便番号などの住所データがない場合の代替案を提案し、住所は緯度経度などの他のエレメントによってエンリッチ化されます。tAddressRowCloudに対して、このコンポーネントを使用する利点は、大量のデータ処理時のパフォーマンスが向上することにあります。

tBatchAddressRowCloudは、入力ストリームから複数のファイル(バッチ)に住所を分割し、オンラインバッチサービスを使用して各ファイルの住所を検証し、フォーマッティングします。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。