アドレスのマッピングの定義および詳細パラメーターの設定 - 7.2

Address standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント

手順

  1. [Input Mapping] (入力マッピング)テーブルで以下のようにします:
    • [+]ボタンを使って、行をテーブルに追加します。

    • [Address Field] (アドレスフィールド)カラムをクリックし、入力アドレスを保持するフィールド、この例では[Address]を定義済みリストから選択します。

      これらのフィールドの値が、このテーブルで設定した入力カラムにマッピングされます。

      tBatchAddressRowCloudは個別のフィールドのリストを提供します。一部の国ではアドレスの構造が他の国よりも複雑になるためです。

    • [Input Column] (入力カラム)カラムをクリックし、解析する入力アドレスを保持するカラム、この例では[Address1]を入力スキーマのリストから選択します。

  2. 必要に応じて、[Use Additional Output] (追加出力の使用)チェックボックスをオンにし、プロバイダーリポジトリーから取得する追加のアドレスフィールドをテーブルに定義して、解析結果に追加します。このテーブルの使用方法の例は、その他のアドレスフィールドの定義をご確認ください。
    [Address field] (アドレスフィールド)カラムには、選択したプロバイダーに応じて異なる定義済みのアドレスフィールドが保持されます。[Output Column] (出力カラム)カラムには、追加情報の出力に使用するフィールドが保持されます。まず[Edit Schema] ( スキーマの編集) ボタンを使用して、これらの追加カラムをコンポーネントスキーマに追加する必要があります。
  3. [Advanced settings] (詳細設定]タブをクリックし、必要に応じてこのビューでパラメーターをセットします。
    この例では、単純なLDAPプロトコルを使用しています。
    • [Use mockup mode (no credit consumption)] (モックアップモードを使用: クレジット消費なし)チェックボックスをオンにします。

      このチェックボックスをオンにすると、ジョブによって既に処理されたサーバーに保存済みのバッチファイルを入力として使用して、Loqateサーバーからの実行と応答をシミュレーションできます。

    • Everything Locationにログインし、[Online Batch Cleansing] (オンラインバッチクレンジング)のLoqateサーバーにアクセスして、ジョブで出力として使用するバッチファイルの識別コードを取得します。

    • [Batch ID] (バッチID)フィールドに識別コードを設定します。

      このオプションは、テスティングまたは開発のニーズに対応する目的でのみ使用されます。

    • 他のすべてのデフォルトパラメーターはそのままにします。